誤嚥性肺炎抗菌薬だけに頼らない肺炎治療

1月25日のNHKのガッテンでは

肺炎にならないぞSPとして

肺炎球菌に対抗するワクチンなどについて教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

肺炎とは?

肺炎はあまりかかるイメージがなかったのですが

今や日本人の死因の第3位となっており

見逃せない病気です。

 

そもそも肺炎とはなにかというと

肺炎球菌によって引き起こされる病気です。

 

肺炎球菌はまわりにバリアのようなものがあり

通常の細菌なら免疫細胞が食べてくれるのですが

バリアによって素通りされてしまい

肺炎球菌は駆除されずに体で増えていってしまうのです。

 

肺炎球菌の感染場所

肺炎球菌は昔は空気中にいたそうですが

今は外や部屋の中にはいません。

 

現在は人の鼻の奥の咽頭にいます。

しかし、咽頭に肺炎球菌がいたとしても肺炎になるわけではありません。

 

風邪やインフルエンザに感染することで

咽頭が傷ついて肺に肺炎球菌が落ちて

肺炎に感染してしまいます。

 

肺炎を予防するワクチン

時々西田敏行さんがCMで言っていますが

肺炎ワクチンを打つことで肺炎を予防できます。

 

この肺炎ワクチンは脾臓という臓器に効くようにできています。

脾臓は左後ろ側の背中にある臓器で

左の腎臓の上に鎮座しています。

 

ワクチンが効く理由

肺炎球菌は周りにバリアがあるために

好中菌が認識できずにそのままでは除去できません。

 

しかし、脾臓にいる特別な免疫細胞のマージナルゾーンB細胞が

抗体を放出して肺炎球菌に引っ付き

好中菌が認識できるようになって

肺炎球菌を駆除してくれるようになります。

 

ただし、年齢と共に脾臓は小さくなっていき

60歳を超えると脾臓はかなり小さくなってしまいます。

そうすると抗体の量が少なくなってしまうために

ワクチンを打って抗体を増やして予防をするのです。

 

今は65歳以上の5歳刻みで補助が出るので

打っていない人は打つべきですね。

スポンサーリンク

肺炎球菌を撲滅する方法

今は赤ちゃんの定期接種で

肺炎ワクチンがあります。

赤ちゃんの肺炎ワクチンは新しいもので

これを打つことで肺炎球菌が鼻の奥に住めなくなります。

 

そうすることで人から人への感染が減るので

大幅に肺炎の感染率を減らすことができます。

 

このこども用のワクチンは大人も打つことができますが

対応する菌種が少ないのだけが弱いところです。

そのために2種類打つことが万全です。

 

まとめ

これを見たらワクチン打ちたくなりますが

65歳以上じゃないと打ってくれないようなので残念です。

 

スポンサーリンク