大腸がん手術後の100日レシピ―退院後の食事プラン (100日レシピシリーズ)

3月8日のガッテンでは

突然の腹痛に見舞われることがある

盲腸(虫垂炎)について特集されました。

虫垂を切除すると大腸がんになりやすくなるなど

気になることが多かったので

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

盲腸(虫垂炎)とは?

突然襲ってくる腹痛の1つに盲腸(虫垂炎)があります。

よく、お医者さんのドラマや漫画などにも出てきて

研修医の人が最初に行う手術としてでてきますよね。

 

ただ、盲腸の手術といいつつも

本来の炎症を起こしている場所は

盲腸から出ている虫垂というものです。

そのために虫垂炎とも呼びます。

 

本来の意味の盲腸とは

小腸と大腸が結合している部分の口側の盲端部分を指します。

今までは「盲」という字がつかわれるくらいなので

全く意味のない臓器だと思われていました。

 

しかし、最新の研究によって盲腸(虫垂)が大切であることがわかってきました。

 

虫垂炎の手術後に大腸がんのリスクが高まる

盲腸(虫垂炎)の手術をした後に

大腸がんのリスクが高くなることがわかってきたのです。

今までは要らないものだからと

切除することが多かったのですが

実は大切な役目をもっていた可能性があります。

 

スポンサーリンク

虫垂は免疫細胞の住み家

今まで不必要だと考えられていた虫垂は

実は粘膜の免疫に重要なIgAを作り出すのに重要で

腸内細菌叢にとても影響していることが

大阪大学の研究で判明しました。

 

つまり、不要だと思っていた虫垂は

粘膜の免疫にとても重要で

手術などで切除してしまうと

大腸の免疫力が低下してしまうので

大腸がんのリスクが高まってしまうというものです。

 

虫垂炎の治療法

虫垂炎は虫垂に異物がたまってしまい

そこで細菌が繁殖して管腔内圧が上がって

痛みを生じさせてしまいます。

 

放っておくと膿んでしまったり

穿孔性虫垂炎になってしまい

腹膜炎を発症してしまいますので手術が必要ですが

早期治療の場合は薬によって治すことができます。

 

そのためにも痛みを我慢せずに

お医者さんに診てもらうことが大切ですね。

 

まとめ

小さい頃は右側のおなかが痛くなると

盲腸なのではないかと思って

手術が嫌なのでびくびくしていた記憶があります。

そのために、盲腸なんか最初からなければいいのにと思っていましたが

進化の過程で虫垂を退化させずに私たちの体に残っていたのは

やはりきちんと理由がありそうですね。

スポンサーリンク