自分で治せる! 腰痛改善マニュアル

11月2日のNHKのガッテンでは

8割が劇的改善!

腰痛を元から断つとして

東大の先生が教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

 

寝相がいい人が腰痛になる

腰痛になる要因は様々ありますが

ガッテンでは寝返りを強制的に打てないようにしたら

腰痛になったのです。

 

寝相がいい人が腰痛になっていたのです。

逆に寝相が悪い人は腰痛になりにくいのです。

 

寝ると内臓の重さがあるので

体重の4割の重さが腰にかかります。

すると腰回りの血流が低下して

腰の筋肉が酸欠状態になります。

 

そうなると腰が炎症物質を作り出し

腰の骨も靭帯を圧迫して痛みを出すのです。

 

つまり長引く腰痛の大きな原因は寝相の良さと

寝返りが少ないことで腰に負担がかかっていたのです。

 

寝返りを打つ方法

寝返りは体を回転させる全身運動で

広い範囲の筋肉の柔らかさが重要で

特に骨盤のひねりが重要なポイントです。

 

胸から太ももの筋肉と

背中周りの筋肉が硬くなっていると

寝返りを打つことができないのです。

 

腰痛の人はこの筋肉が硬くなっており

寝返りが打つことができないのです。

 

腰痛を改善するストレッチ

腰痛は筋肉の硬直が原因ですので

寝る前に4つのストレッチをすることで

腰痛を改善することができます。

スポンサーリンク

1.腰をねじる

①横になって右のひざを立てます。

 

②立てた右ひざを左の方に曲げて腰をねじります。

 

③右手をばんざいします。

 

力を入れてねじろうとしたらダメで

深呼吸をしながら脱力状態で行ってください。

重力で伸びるようにしてください。

 

6回深呼吸を行って

左右を入れ替えます。

左右1セット×3回が目安です。

 

2.ひじ立て+ひざ曲げ

①うつ伏せになって肘をついて上半身を起こします。

 

②膝をまげて太ももの前側の大腿四頭筋が伸びるようにします。

 

深呼吸6回を3セットが目安です。

 

3.ひざ抱え

①仰向けになって両ひざを立てます。

 

②右手で右ひざを抱えて

左手で左ひざを抱えます。

 

③膝が胸につくように引き寄せます。

太ももと胸が付くようにします。

スポンサーリンク

4.タオルで脚上げ

①両膝を立てて膝小僧にタオルをかけます。

 

②左足を抜いてつま先をタオルにかけます。

 

③膝を伸ばしたまま手の力で脚を上げます。

 

6回深呼吸したら左右入れ替えて3セットが目安です。

 

枕で腰痛改善方法

枕が柔らかすぎると

寝返りが打てずに腰痛になることもあります。

座布団とバスタオル(幅50cm以上)2枚で

腰痛改善枕が作れます。

 

やり方

①座布団の上にタオルをたたんで

端っこが直角になるようにします。

 

②この角を肩口に当てて

横向きに寝てみます。

 

③顔から胸への中心線が

床と平行になっていればベストな枕の高さです。

 

まとめ

寝返りが腰痛に関係あったのですね。

確かに筋肉が硬くなっているので

試してみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク