「排便力」をつけて便秘を治す本―専門医が教える「便意リハビリ」 (ビタミン文庫)

1月22日の健康カプセルゲンキの時間では

今日からできる【便活】のススメとして

便秘のタイプとそれに応じた解消法を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

便秘とは?

そもそも何日排便がないと便秘というのか知っていますか?

なんと毎日排便があっても残っている感じがすると便秘なんだそうです。

便秘になってしまうと、お腹が苦しいだけではなくて

  • 冷え症
  • 花粉症
  • アレルギー
  • 肩こり
  • 肌荒れ
  • ネガティブ思考

といった弊害まで起こってしまうのです。

幸福物質のセロトニンが減少して鬱になってしまうとは

便秘侮れないです。

 

便秘の3つのタイプ

便秘には3つのタイプがあり

それに応じた対処法が必要となります。

 

①ぜんどう不全型

ぜんどう不全型の特徴はうさぎのような

コロコロの便しか出ないタイプです。

 

食べ物は胃で消化された後、小腸で更に消化され栄養を吸収し

その後大腸に移動し大腸では水分が吸収され

その残りカスが便となり排便されます。

 

原因は食物繊維の摂取量が少ないと

 

便を異動させる蠕動運動が上手く働かなくなり便秘になります。

 

 

②直腸・肛門型

トイレに行くのを我慢するとなってしまいます。

普通、直腸付近に便が行くと脳へ排便の指令が出ます。

しかし、便意を我慢し続けると

そのセンサーが上手く働かなくなって便秘になります。

 

③ストレス型

最近多いタイプでストレスによって副交感神経が鈍くなり

ぜん動運動がしっかり働かなくて便秘になります。

 

便秘のセルフチェック

  1. 便やおならが異常に臭い
  2. 硬い便が出ることが多い
  3. 自宅以外で排便を我慢する
  4. 腹筋が10回以上出来ない
  5. 失敗したことをくよくよしやすい
  6. 平均睡眠時間は6時間以下

 

ぜんどう不全型は①と②

直腸肛門型は③と④

ストレス型は⑤と⑥

 

排便力トレーニング

1分で腸を整える体操を教えてくれました。

 

ぜんどう不全型

お腹の右下にある上行結腸の下部と

左上にある横行結腸の終わりに便が溜まりやすいので

そこを効率的に刺激してあげます。

 

①脚を肩幅に開いて左の肋骨の下と

右の腰骨の上を指で押し込みます。

 

②肛門を締めながら

右回りに腰を大きくゆっくり回します。

 

③左右5回を1セットとして

朝昼晩に1セットずつ行ってください。

スポンサーリンク

直腸肛門型

①大きく脚を開いて立ち膝を曲げて腰を下ろします。

 

②左手を左ひざに、右ひじを右の太ももに乗せた状態で

10~15秒キープします。

 

③同様に右手を右ひざに、左ひじを左の太ももに乗せた状態で

10~15秒キープします。

 

④左右を1セットとして

朝昼晩に1セットずつ行ってください。

 

ストレス型

乱れた自律神経を整えるトレーニングです。

 

①両腕を上に伸ばして手首を頭上で交差させます。

 

②口から息を吐きながら5秒間左に倒し

鼻から息を吸いながら最初の姿勢に戻ります。

 

③右も同様に行い3往復を1セットとして

朝昼晩に1セットずつ行ってください。

 

便秘によい食事

納豆などの発酵食品を摂取するのはいいのですが

腸内細菌のエサとなる食物繊維を摂らないといけません。

特に直腸型の方は水溶性食物繊維を摂ることで

便の滑りがよくなるのでおすすめです。

 

まとめ

私はあまり便秘にはならないのですが

休日になるとトイレに行かなくてお腹が張ったりするので

ぜひやっていきたいと思います。

トイレの踏み台が便秘解消にいいそうですよ。

 

スポンサーリンク