とれない首こり・肩こりは「巻き肩」が原因だった

2月5日の健康カプセルゲンキの時間では

現代病ともいわれる巻き肩について特集されました。

巻き肩になると肩こりだけでなく

二重あごなどの老け顔の原因となるので

その解消法を備忘録として紹介します。

 

 

巻き肩とは?

腕をブランブランしてから

自然に立つと手の甲が前を向いてしまっている状態です。

つまり両肩が前にでて内側をむいています。

スポンサーリンク

巻き肩のタイプ

巻き肩には2つのタイプがあり

猫背型と隠れ型があります。

 

猫背型

背中が丸まって頭が前に出ているタイプです。

 

隠れ型

一見姿勢がいいのですが巻き肩を隠すために

腰が反っており負担がかかっている状態です。

 

巻き肩になる原因

どうして巻き肩になるのかというと

長時間のスマホやパソコンの作業によって

前かがみの姿勢が続いてしまい

肩甲骨が外側に開いてしまい起こってしまいます。

 

また、腕や足を良く組む人や

横向きで寝る人、ハイヒールを良く履く人も

巻き肩になりやすいです。

 

巻き肩の悪影響

では巻き肩の何が悪いのか?というと

肩周辺の血流が悪くなって肩こりになったり

酷い場合は血管が圧迫されてしびれまで感じる場合があります。

 

また、小胸筋という胸のインナーマッスルが弱って硬くなります。

そのために胸を押すと痛い人は巻き肩の可能性が高いです。

 

二の腕のたるみや二重あごが目立って老けてしまう他にも

呼吸が浅くなってしまいます。

呼吸が浅くて速くなってしまうと

偏桃体に影響して不安感が湧いてきてしまいます。

 

巻き肩解消法①「腕プラ体操」

小胸筋をほぐしてくれます。

スポンサーリンク

やり方

①腕のねじれをとるために手のひらは外向きにして

腕は力を抜き自然に垂らします。

 

②右手で左の頬に軽く触れて

目線を右上に向けます。

 

③鼻でゆっくり呼吸して

腕をプラプラさせます。

 

④30秒間行ったら左右を入れえて同様に行ってください。

 

1日3セット以上座ったままでもOKです。

入浴前に行うとより効果的です。

 

巻き肩解消法②「呼吸筋ストレッチ」

肩甲骨を正してくれます。

 

やり方

①背筋を伸ばして息を吐きながら両手を腕の前で組みます。

 

②大きなボールを抱えるように手を伸ばし息をゆっくり吸います。

 

③この時肩甲骨を広げるように意識します。

 

④手を胸に戻しながら息をゆっくり吐きます。

 

3~10回を1日3セット行ってください。

就寝前に行うと寝つきがよくなります。

 

まとめ

パソコンとスマホで巻き肩気味で

小胸筋を押すと痛いので

ぜひやっていきたいと思います。

 

スポンサーリンク