不足気味の栄養素・ビタミンとミネラル

11月20日の林先生が驚く初耳学では

夜中に無性に食べたくなる食材で

体に不足している食材が分かると教えてくれました。

アイスクリーム・チョコ・ポテチで

それぞれ昼間に食べたらいい食材を教えてくれましたので

備忘録として紹介します。

 

 

夜中にアイスクリームを食べたくなる時

夜中にアイスクリームを無性に食べたくなる時は

鉄分不足が考えられます。

 

鉄が不足すると

血液中の酸素が少なくなり

貧血気味になります。

 

血液を循環させるために体温が上昇し

そのため体を冷やすために

アイスクリームなどを食べたくなります。

 

しかし、アイスには鉄分がほとんど含まれていない為

余分なカロリーを摂取してしまいます。

 

解消するための食材

鉄不足を解消するためには

昼にアサリやレバーなどの

鉄を含んでいる食材を食べることで

夜中に冷たいものを食べたくなる衝動が無くなっていきます。

スポンサーリンク

チョコレートを食べたくなる時

チョコレートを無性に食べたいときは

マグネシウムが不足しているときです。

 

マグネシウムはストレスを抑制する働きがあるので

そのマグネシウムが不足すると

自律神経が影響を受けて

血流が悪化します。

 

そのため、めまいや頭痛が起こることがあります。

 

食べるといい食材

マグネシウムを摂取するためには

お昼に枝豆や海藻類を食べることがポイントです。

スポンサーリンク

ポテトチップスを食べたくなる時

ポテチを食べたくなる時は

カルシウムと塩素が不足しているときです。

 

カルシウムが不足すると

ストレスホルモンのコルチゾールが増え

そのストレスホルモンは脂肪を分解する働きがあるので

体は逆に脂肪を蓄えようと脂っこいものを欲してしまいます。

 

また、塩素は胃酸を作る役割があるため

消化不全を起こす可能性があります。

 

食べるといい食材

昼にチーズやしらすや桜えびを摂取すると

カルシウムを効率的に摂ることができます。

 

まとめ

アイスを食べたくなりますが

鉄分不足なのですかね。

 

スポンサーリンク