図解 食物アレルギーの悩みを解消する! 最新治療と正しい知識

2月7日の林修の今でしょ講座では

最新のアレルギー検定を教えてくれました。

 

食物・花粉症・金属・アトピーなど興味深かったので

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

アレルギー検定2017

昭和大学医学部小児科の今井孝成先生が教えてくれました。

 

①食物アレルギーの予防ができる食べ物

昆布がアレルギーを制御するTレグ細胞に働きかけてくれる可能性があり

週に2~3回ほどとろろ昆布を食べるのがおすすめです。

 

②食事の後すぐに運動するとでるアレルギー

食物依存性運動誘発アナフィラキシーというアレルギー反応が起こります。

特に小麦と甲殻類に多く見られます。

 

③食べなくてもアレルギーは発症する

アレルギーの誘発は食べる事よりも

触れることの方が起こりやすくなっています。

 

④花粉症の人は食物アレルギーにもなりやすい

スギ花粉症の人はトマトアレルギーになりやすく

シラカバ・ハンノキ花粉症の人は

リンゴ、もも、さくらんぼ、アーモンド

セロリ、にんじん、キウイなどのアレルギーを発症しやすいです。

 

これはタンパク質の構造が似ているので

アレルギー反応が起こってしまいます。

 

⑤花粉症の予防に部屋を徹底的に除菌するのはよくない

都会の子供よりも家畜と接触している子供の方が

アレルギーになりにくいことが最新の研究で判明しました。

 

⑥金属アレルギーは汗ばんでいる肌の方が起こりやすい

金属は汗などで溶けて

皮膚に浸透してそれと共に細菌が侵入して

金属アレルギーを発症します。

スポンサーリンク

⑦銀歯が原因で金属アレルギーを発症することがある

24時間365日接触しているので

アレルギーを発症しやすいです。

 

⑧毎日体をゴシゴシ洗うとアトピーになりやすい

肌の表面には菌を防ぐ作用があるのですが

毎日ゴシゴシ体を洗うことで

その機能が上手く働かずにアトピー性皮膚炎を

発祥する可能性があります。

 

⑨肌を保湿することでアトピーのリスクを減らせます。

赤ちゃんで毎日保湿をする場合と保湿をしない場合に比べて

34%もアトピーの発症リスクを抑えられたという研究結果があります。

 

⑩睡眠不足でアトピー性皮膚炎のリスクがアップ

睡眠不足になると肌の新陳代謝を促す

成長ホルモンが出にくくなるので

アトピーの危険性が上がります。

 

まとめ

ベルトのバックルでお腹がかぶれることがあったので

金属アレルギーかもしれないです。

 

スポンサーリンク