肩こり解消10秒リンパケア (TJMOOK)

11月15日の予約殺到!スゴ腕の専門外来SP第7弾では

東京女子医科大学 東医療センターの

肩関節外来の神戸克明先生が

肩こりの改善の治療法を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

 

肩こりのタイプ判別法「扉タイプ」

肩こりには3つのタイプがあり

それを診断することから始めます。

 

やり方

①手と両肘を合わせます。

 

②その状態で真っすぐ上に上げます。

 

③ヒジがあごの高さまで上がれば問題なしです。

 

これが上がらなかった

扉タイプの肩こりです。

スマホなどで猫背になっている人に多い肩こりです。

 

扉タイプ肩こり改善法「ペンギン体操」

①握り拳を腰に当てます。

 

②肘を後ろにひいて3秒キープします。

 

1日朝昼晩で10回ずつ行ってください。

スポンサーリンク

肩こりのタイプ判別法「おじぎタイプ」

①手を横に広げて片方の足を90度に上げて10秒保ちます。

 

②少しでもよろける場合は異常ありです。

 

よろけたひとはおじぎタイプです。

どちらかの肩甲骨が前に傾いています。

 

おじぎタイプの肩こり改善法「イルカ体操」

①手のひらを合わせてまっすぐ上げます。

 

②左に腰を傾けて5秒保ちます。

 

③右に傾けて5秒保ちます。

 

④左右5回ずつ行います。

 

朝昼晩左右5回ずつ行います。

スポンサーリンク

肩こりのタイプ判別法「ハの字タイプ」

①両肘を直角に曲げます。

 

②脇をしめたまま腕を外側に開きます。

 

③45度以上開かない方は以上ありです。

 

これが最も重症な肩こりのハの字タイプです。

肩関節自体に異常があります。

 

ハの字タイプの治療法

ハの字タイプは体操では治りません。

 

普通なら上腕骨が稼働するのですが

加齢などによって筋肉と骨が癒着してしまい

フローズンショルダーという上腕骨が動かない状態になっています。

 

この状態で腕を上げると

肩甲骨がハの字に開いてしまい

これによって周囲の筋肉にゆがみが生じて

痛みが発生するのです。

 

これを治療するためには神戸先生は

内視鏡の手術で骨棘を除去しました。

これで肩関節が滑らかに動いていました。

 

まとめ

肩こりで内視鏡手術って

大事だと思いましたが

2泊3日で治療完了するとのことで

とてもすごいですね。

 

スポンサーリンク