ストップ・ザ・老化 長生きのコツ事典―アンチエイジング医学の権威が明かす (Tsuchiya Healthy Books―名医の診察室)

2月14日のビートたけしがMCの

みんなの家庭の医学では

人間の永遠のテーマともいえる

老化について特集され

老化ストップホルモンについて教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ホルモンの効果

ホルモンとは一番わかりやすいのが

男性ホルモンと女性ホルモンで

私たちはホルモンによって

体に様々な影響をもたらされています。

 

例えば短鎖脂肪酸というホルモンは

細菌が作るホルモンで

ダイエット効果があると言われいます。

 

老化ストップホルモン「グレリン」

グレリンの効果は見た目だけじゃなくて

心臓、血管、腎臓などの

臓器を若々しく保ってくれる働きがあります。

 

老化とは?

そもそも老化とはどういうことなのでしょうか?

 

番組では低酸素状態の部屋にいることで

老化したのと同じような状態にしていました。

 

老化した状態になった理由は低酸素状態のよって

細胞が上手くエネルギーを作り出すことができなくなったからです。

 

つまり老化とは細胞が酸素を使ってしっかりと

エネルギーを作れなくなる状態だと考えられます。

 

グレリンの効果

グレリンが老化を防止してくれるのは

細胞が上手くエネルギーを作り出せるようにしてくれるからです。

 

グレリンは腎臓が悪い人には

注射で投与することがあるそうですが

普通は買うことはできません。

 

一応漢方の六君子湯でグレリンを摂取できるようです。

 

グレリンを出す方法

グレリンは普通に体から分泌されます。

そのポイントはお腹が「グー」っとなることです。

スポンサーリンク

グレリンは空腹を感じ始めると

胃から分泌されるホルモンで

空腹がピークに達すると

グレリンが大量に放出されるのです。

 

つまり、グレリンを分泌させたければ

お腹がグーッとなってから

1日3食食べるようにするのがおすすめです。

 

まとめ

老化ストップの為にも

お腹が満腹状態は良くないのですね。

ある程度ダイエットをするとよさそうですね。

 

スポンサーリンク