体がみるみるよみがえる!  5秒ひざ裏のばし 完全ガイド (主婦の友生活シリーズ) 

12月14日の中居正広の金曜日のスマイルたちへこと金スマでは

川村先生が登場して1日5分で

腰痛や肩こりなどの体調が改善する

奇跡のストレッチとして「ひざ裏伸ばし」の

やり方を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ひざ裏伸ばしとは?

ひざ裏伸ばしとはかわむらクリニックの

川村先生が考案された健康法です。

肩こり、腰痛、ひざの痛みなどの体の不調を

ひざ裏を伸ばすことで改善されるというストレッチ法です。

 

1回5秒という短い時間でできて

壁を使って行うのが特徴のストレッチ法です。

 

ひざ裏が伸びることで姿勢が改善することで

体の負荷が分散されて筋肉の不自然な張りがなくなり

凝りや痛みが改善されるのが原理です。

 

ひざ裏伸ばしには基本的に3つの動きがあります。

  • 壁ドンストレッチ
  • 壁ピタドローイン
  • 1、2、3体操

これらを1日数回行うことで改善が期待できます。

 

壁ドンストレッチ

①壁に向かって、両足を前後に広げて立ちます。

 

②後ろ足のかかとと膝をピンと伸ばし、前足を曲げます。

お腹とお尻に力を入れて

「1、2、3、4、5」と数えながら、5秒間壁を押します。

 

③左右の足を入れ替えて同様に行います。

 

壁ピタドローイン

①壁に両足のかかとと腰、背中、頭の後ろをぴったりとくっつけて立ちます。

あごを軽くひきます。

 

②おへそを背中にくっつけるイメージでお腹を凹ませます。

 

③その状態を5秒間キープします。

1、2、3体操

①両足を横に大きく広げて立ちます。

 

②腰とお腹に力を入れておしりを下ろしていきます。

 

③おろしたら太ももを両手で3回たたきます。

 

④曲げた両膝を伸ばして、もう一度腰とお腹に力を入れ、お尻を両手で3回たたきます。

 

まとめ

ご年配の方でも行っておられる体操で手軽にできるので

ぜひ取り組みたいと思います。

スポンサーリンク