内臓脂肪がストンと落ちる食事術 

6月21日の中居正広の金曜日のスマイルたちへこと金スマでは

江部康二先生著書の

内蔵がストンと落ちる食事術が特集されました。

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

内臓脂肪がストンと落ちる食事術とは?

金スマ史上最も楽に痩せる食事術として紹介されている

江部康二先生の内臓脂肪がストンと落ちる食事術は

カロリー制限なし・運動なしで

2週間で4キロもやせることができ

生活習慣病の原因となる内臓脂肪を落とすことができるダイエット法です。

 

お腹がポッコリしてしまう原因は内臓脂肪です。

内臓脂肪が内側からお腹を出っ張らせてしまうため

ポッコリお腹となってしまいます。

脂肪には内臓脂肪の他に皮下脂肪がありますが

皮下脂肪は落ちにくい脂肪ですが

内臓脂肪はダイエットをすると最初に落ちる落ちやすい脂肪となります。

 

内臓脂肪をストンと落としてお腹を凹ませたいのなら

筋トレをしなくても「食べトレ」をすればいいのです。

運動すれば痩せるのはわかっていても

なかなか続かなくて挫折する人が多いですが

食べトレは食事の満足度があり

普通のカロリーを制限する食事制限とは異なります。

 

食べトレとは?

食べトレとは糖質制限と1日2食の半日断食を取り入れた食事法です。

米や小麦などの穀物はヘルシーなイメージがありますが

米や小麦は糖質で過剰摂取は逆に体によくありません。

現に糖尿病などの病気は糖質に由来するものです。

 

食べトレは糖質制限を行うことで血糖値を常に安定した状態にします。

血糖値の変動がほとんどないので

朝食を抜いてもお腹がすかずに

1日2食を無理なく行うことができます。

 

食べトレには3つのコースがあります。

スポンサーリンク

昼食・夕食とも糖質制限コース

1日2食とも主食のごはんやパン、その他の糖質が多いものを控えます。

1食の糖質の摂取量の目安は10~20gです。

一番効果が高いコースとなります。

 

夕食だけ糖質制限コース

夕食だけ糖質制限をします。糖質の目安は10~20gです。

昼食は糖質50~60gを目安とします。

ご飯なら小盛りで1杯程度、食パンなら8枚切り1枚程度です。

 

夜に糖質を制限することで

睡眠時に脂肪を蓄えてしまうことを防止します。

 

昼食・夕食ともにプチ糖質制限コース

1日2食とも糖質50~60gを目安としたプチ糖質制限を行います。

一番緩やかな糖質制限なので効果はあまり高くありません。

行うのならきっちりと糖質制限を行うべきです。

 

まとめ

ぜひ取り組みたいと思います。

スポンサーリンク