内皮細胞が活性化する食習慣で一生切れない、詰まらない「強い血管」をつくる本

2月14日のこの差って何ですかでは

血管年齢が若い人と老けている人の差として

血管年齢について教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

 

血管年齢が若い人と老けている人の差

血管年齢は体の柔らかさに関係あるのです。

体が柔らかい人は血管年齢が若くて

体がかたい人は血管年齢が老けています。

スポンサーリンク

血管年齢と体の硬さの関係

血管年齢が若い人は血管が柔らかいという事で

血管年齢が老けている人は血管が硬くなっています。

 

筋肉の一部の血管が硬いという人は

筋肉も硬いので体も硬くなってしまうのです。

 

血管年齢を若返らせる方法

ストレッチをすることで

血管年齢を若返らせる物質が出るので

体が柔らかくなるとともに血管年齢が若くなります。

 

ストレッチ①

①足を伸ばして座ります。

 

②片方の足をお尻に持って行きます。

 

③そのままの状態で後ろに倒します。

 

④ゆっくり呼吸をしながら30秒キープします。

 

⑤反対側も同じように行います。

スポンサーリンク

ストレッチ②

①足を伸ばして座り、右膝を曲げて足を交差します。

 

②体を少し右にねじって左の肘で右膝を押さえて上体を捻ります。

 

③ゆっくり呼吸をしながら30秒キープします。

 

④反対側も同じように行います。

 

左右1回ずつを1セットとして3回行ってください。

 

血管のばしのやり方

ガッテンでは血管年齢を若返らせる

血管のばしを教えてくれています。

 

まとめ

血管は健康を維持するためには大切なので

ちゃんと意識したいですね。

 

スポンサーリンク