バルミューダ スチームオーブントースター BALMUDA The Toaster K01A-KG(ブラック)

1月10日のこの差って何ですかでは

2万円を超える高級トースターの差として

バルミューダ、シャープ、象印

シロカ、コイズミ成器の最新トースターを教えてくれます。

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

バルミューダ「BALMUDA The Toaster」

高級トースターの代名詞とも入れるバルミューダのトースターです。

水を上部から入れることで

スチームと温度制御で美味しいトーストが焼けます。

さらにはトースト、チーズトースト、クロワッサン、フランスパン、クラシックと

5つのモードがあるので最適な温度で焼いてくれます。

 

シャープ「ヘルシオグリエ」

シャープで人気のヘルシオの

過熱水蒸気で加熱する部分だけに特化した

ヘルシオグリエです。

水を入れてスイッチをセットしたら

後は時間を設定するだけで美味しいトーストが作れます。

さらには他の料理も同時に作ることができて

目玉焼きとトーストを一緒に調理できたりします。

 

象印「マルチコンベクションオーブン」

象印の最新トースターはマルチコンベクションオーブンです。

7本のヒーターの熱を対流させて温めるので

ムラなく加熱することができます。

さらにコンベクションオーブンはパン釜を模したもので

パンを焼き上げるには最適のオーブンです。

 

パンの発酵から焼き上げもできますし

ノンフライ調理やローストビーフまで作れます。

スポンサーリンク

siroca「ハイブリッドオーブントースター」

ハイブリッドオーブントースターです。

わずか0.2秒の瞬間発熱と熱風循環で焼き上げます。

素早く温度を上げて焼き上げるので

トーストの水分を逃さずに

外はサクッと中はもちっと焼きあがります。

 

こちらもコンベクションオーブンなので

揚げ物を温めなおしても

ベチャッとならずに美味しく仕上がります。

 

コイズミ成器「スモークトースター」

KOIZUMIの昨年10月に発売された最新トースターは

こちらもコンベクション機能が搭載されており

熱風を対流させることでトーストを美味しく焼き上げます。

このトースターの名前はスモークトースターという名前で

燻製が作れることが最大のポイントです。

 

調理中の煙やにおいも交換不要なヒーティング&メタルフィルターで

匂いが軽減されるので焼き魚も安心して作れます。

 

まとめ

我が家のトースターは学生時代に買った

普通のトースター機能しかない安物なので

これを機に高級品欲しいですね。

ヘルシオグリエが欲しいと思っていましたが

燻製もできるスモークトースターもいいですね。

スポンサーリンク