モアナと伝説の海 (ディズニーアニメ小説版)

3月10日から公開された

ディズニーの新しい映画の

モアナと伝説の海を見てきました。

ネタバレを含むレビューをします。

 

 

レビュー

めちゃくちゃ面白かったです。

これは1800円だしても損はないでしょう。

 

最初は父親にちょっとイラッとしますし

マウイと出会ったときのマウイのうざさも感じますが

おおむねテンポがいいので

飽きることなく最後まで見ることができます。

スポンサーリンク

豚や鳥のキャラクターも可愛いですし

マウイのタトゥーもおもしろいです。

 

また、歌もとてもいい感じに映画とあっており

終わってからまた聞きたくなります。

 

ただし、ディズニーのプリンセスっぽさはあまりなく

恋愛ものというよりも冒険もので

ちょっとゼルダの伝説っぽさを感じました。

 

あらすじ

とある島に生まれて育ったモアナは

海にあこがれながら族長の娘として

島の周りのサンゴ礁からは出てはいと言われていました。

 

しかし、島は昔のテフィティの心を奪ったマウイのおかげで

世界は闇に襲われており

その闇がモアナの島にも影響を及ぼし

ココナッツや魚が獲れなくなってしまいました。

 

それを打破するためにモアナは海へ出て

マウイと出会いテフィティの心を返しに出かけます。

 

しかし、マウイはおとなしく返しに行こうとはせずに

マウイが変身の力を使うために必要な神々の釣り針を落としたので

それを回収しに行くことになります。

スポンサーリンク

その道中に海賊に出会ったり

釣り針を拾っていたカニと戦います。

 

釣り針を回収した2人は

テフィティの心を返しに向かいます。

 

しかし、その前に立ちはだかるマグマの巨人のテカ!

大きな鷹に変身して立ち向かうマウイですが

弾き飛ばされて全く歯が立ちません。

 

モアナはテカが水に弱いことを発見し

島から出られないので

岩の陰に隠れて進めばいいじゃないと突き進みますが

テカの一撃をくらいそうになり

マウイが神の釣り針でガードして回避しました。

 

それによって釣り針はあと1撃くらえば壊れるくらいに傷んでしまいました。

このことによってマウイはモアナの元を去ってしまいます。

 

一度は村に帰ろうとしたモアナですが

やはりテフィティの心を返しに行くことにし

テカに立ち向かっていきます。

 

1撃を食らいそうになった時

マウイが戻ってきて助けてくれます。

 

マウイがテカと戦っている間に

モアナはテフィティの心を返しに島に行きますが

そこには心を返すための台座が無くなっていました。

 

そして、マグマの巨人テカをよく見ると

心の部分にテフィティの心と同じ模様を発見し

テカがテフィティと気づきます。

 

最後は心を返してハッピーエンドです。

 

まとめ

映像と歌のコラボレーションがとてもいい感じで

わくわく感でとても楽しくなってきますよ。

ヘイヘイもいい仕事をするのでそこにも注目です。

 

スポンサーリンク