ブロッコリー(スプラウト)のタネ 14g(3800~4100粒) メール便発送OK!

10月15日の世界一受けた授業では

栄養士208人が選んだ

今食べてほしい知らないと損をする

新食材ベスト5が紹介されました。

スーパーフードは知っておきたいですので

備忘録として紹介します。

 

ワイルドライス

アメリカ産の新食材で

「マコモ」という植物の種です。

 

肌荒れに効果的とされているビタミンB2は

玄米の約7倍も含まれています。

スポンサーリンク

炊くとお米のように見えて

茹でたものをサラダにトッピングするのがおすすめです。

 

チャーガ

老化やがんの原因となる活性酸素の働きを抑える

抗酸化作用が強い食材です。

なんと抗酸化力はレモンの約2倍も強力です。

 

ただしこのままでは食べられないので

煮出してお茶にするのがおすすめです。

 

幻のキノコと呼ばれており

ロシアや北海道の寒い地域の白樺に寄生するきのこです。

キノコの中でもβグルカンを多く含んでいるので

生活習慣病の予防にも効果的です。

 

第5位:ビーツ

ビーツは地中海沿岸原産の真っ赤な野菜で

カブのように見えますが、ほうれん草の仲間です。

 

鉄分補給ができる飲む輸血

疲労回復や美肌にも効果があると言われています。

 

特に注目されているのが高血圧予防で

硝酸塩という成分がポイントです。

硝酸塩は体内に入ると一酸化窒素になり

血管を広げてくれて血圧を下げてくれます。

 

第4位:グレープシードオイル

ブドウの種を絞ったオイルのことで

オリーブオイルより癖がなくて

必須脂肪酸が多い事が特徴です。

 

さらにビタミンEはオリーブオイルの約4倍含まれており

ビタミンEの強力な抗酸化作用によって

老化の進行を遅らせるなどの効果が期待できます。

 

飲む量はスプーン1杯程度で

直接飲むことで老廃物が排出されてお肌に良いです。

 

第3位:スピルリナ

スピルリナはアフリカの湖などに自生する藻の一種です。

 

タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルが含まれており

熱にも強いのでパンケーキなどに混ぜ込んでもOKです。

 

なんといってもすごいのがタンパク質の含有量です。

ささ身のタンパク含有量が27%であるのに対し

スピルリナはなんと70%もあります。

 

さらに必須アミノ酸もすべて含んでいます。

 

第2位:もち麦

もち麦は大麦の一種です。

お米にうるち米ともち米があるようなものです。

 

最近はスーパーでも手に入れることができて

最大の特徴はその食物繊維の多さです。

食物繊維が多いといわれる玄米の約4倍も含まれています。

スポンサーリンク

お米ともち麦を1:1で炊いたご飯1膳で

ゴボウ1本分の食物繊維といっしょなのです。

 

さらにもち麦の食物繊維は水溶性食物繊維なので

便秘にもとても効果があります。

 

第1位:ブロッコリースーパースプラウト

ブロッコリーの新芽のことで

最近はスーパーでも売っているので

買ったことある人が多いのではないでしょうか。

 

その特徴はがん抑制のスルフォラファンを大量に含まれています。

成熟したブロッコリーの20倍も含まれています。

スルフォラファンでうつ病の予防にもなります。

 

まとめ

ブロッコリースーパースプラウトは

冷蔵庫にたいてい入れるようにしています。

カイワレ大根の方が安いのですが

健康にいいと聞いたので実践中です。

 

スポンサーリンク