10歳若返る! 自宅で簡単エクササイズ 腰スッキリ! 腰痛の予防・改善ストレッチ [DVD]

1月30日の主治医が見つかる診療所では

10歳若返るプロジェクトとして

腰痛を改善するストレッチを教えてくれました。

姿勢もよくなるとのことで

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

腰痛の原因はハムストリングスの硬さ

腰痛の推定患者数は2800万人で

日本人の8割は一生に一度は体験します。

腰痛持ちの人たちは治らないとあきらめている人が多いのですが

西良浩一医師の最近の研究で

太ももの裏のハムストリングスの硬さだとわかってきました。

 

太ももの裏が硬いタイトハムの人は

骨盤が動こうとするのを妨げてしまうので

腰だけで動いてしまいます。

そうした疲労の蓄積が腰痛へと繋がります。

 

なぜ太ももの裏が硬くなる?

何気ない日常の動作の姿勢の悪さが

ハムストリングスを固くしてしまいます。

浅く座って背もたれに寄りかかる姿勢は

ハムストリングスがさぼっている状態です。

 

この状態を続けることで

太ももの裏が硬くなり続けてしまうのです。

 

タイトハムの検査方法

前屈をすることで確かめることができます。

前屈をして床から拳2つ分(15cm)以上離れていた場合

太ももの裏が硬くなっているタイトハムと診断されます。

 

ジャックナイフストレッチ

①椅子に浅めに座ります。

 

②足は肩幅と同じくらいに開きます。

 

③両手で足首を後ろから掴みます。

スポンサーリンク

④その状態のまま頭を下げて

胸と太ももをつけます。

 

⑤お尻をゆっくりと上げて膝を伸ばします。

胸と太ももがなるべく離れないようにします。

 

1日2回10秒間ずつ行ってください。

膝が伸びきらなくてもOKです。

 

お尻のストレッチ

お尻も座りっぱなしだと筋肉が硬くなっていまします。

バレエのプリエの動きをするといいです。

 

①足を少し外側に向けます。

 

②ゆっくりと腰を落としていき

ゆっくりと立ち上がります。

 

この時に背筋を伸ばすように心がけてください。

 

まとめ

体がかたいので

ぜひやっていきたいと思います。

 

肩甲骨ストレッチ

スポンサーリンク