まいたけダイエット

12月2日のその原因、Xにありでは

太らない鍋のレシピとして

舞茸とねぎが入った鍋を教えてくれました。

MXフラクションが関係するとのことで

備忘録として紹介します。

 

 

太らない鍋には「まいたけ」

難波宏彰先生がおすすめする

太らない鍋の具材は舞茸です。

 

舞茸に含まれている

MXフラクションという成分が

太りにくい体を作ってくれます。

スポンサーリンク

MXフラクションとは?

MXフラクションは舞茸にだけ含まれる成分で

体に脂肪を溜めにくくする性質があり

肝臓で作られすぎたコレステロールを体外へ

排出する働きをしてくれます。

 

さらにコレステロールを作る酵素を

抑制する働きをしてくれ

腸の活動を活発にして

余分な脂肪を吸収しにくくしてくれます。

 

まいたけの目安量

MXフラクションは舞茸50gを食べればいいそうで

1パックが約100gなので半パック食べると

1日分のMXフラクションを摂取することができます。

 

シメにおすすめの「青ねぎ」

舞茸鍋のシメに雑炊をするのなら

青ネギを加えるのがおすすめです。

 

舞茸や豚肉に含まれるビタミンB1とアリシンが反応して

アリチアミンという物質になり

糖質を燃やすビタミンB1の吸収がよくなります。

スポンサーリンク

作るときのポイント

ネギはできるだけ細かく切ります。

細かく切った方がアリシンが良くでます。

 

また、アリシンは加熱すると壊れてしまうので

食べる直前に加えてください。

 

アリシンはニンニクなどにも含まれているので

その食材でもOKです。

 

まとめ

今鍋を食べているのですが

まいたけは買っていなかったので

次はまいたけを入れたいと思います。

スポンサーリンク