紅はるかの大入り焼き芋(500g)

12月8日の得する人損する人では

坂上忍の得ワザのコーナーで

さつまいもを電子レンジのあるモードで加熱すると

甘くてほくほくの焼き芋が出来ると教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

焼き芋を作るときは電子レンジの解凍モード

寒くなってくると美味しいのが焼き芋ですよね。

昔は実家の畑で葉っぱを燃やすときに

おじいちゃんと一緒に焼き芋を作りました。

 

しかし、都会で焚き火をしたら

間違いなく消防から怒られます。

 

スポンサーリンク

かといって電子レンジやトースターで作っても

いまいち美味しくないなと思っていたのですが

電子レンジの解凍モードを使う事で

美味しい焼き芋が作れちゃうのです。

 

材料

サツマイモ・・中1個

クッキングシート・・適量

バター・・5g

しょうゆ・・小さじ2

 

作り方

①バターとしょうゆを電子レンジで30秒加熱します。

 

②サツマイモをクッキングシートで多い

キャンディーのように片方の端をねじります。

 

③開いているほうの口から

バターじょうゆを流し込みます。

 

④バターじょうゆを入れたほうの口もキャンディーのようにねじります。

 

⑤お皿に乗せてラップをし500Wの電子レンジで2分加熱します。

 

スポンサーリンク

⑥電子レンジから取り出さずに

そのまま解凍モードで約20分加熱します。

 

どうして美味しくなるの?

さつまいもはじっくりと65~75℃で温めてあげることで

βアミラーゼが麦芽糖を生成して

甘味が増して美味しくなります。

 

解凍モードで過熱してあげることで

ちょうど中心部分が70℃近辺になって

美味しい焼き芋が出来るのです。

 

まとめ

これはぜひとも試してみたい得ワザですね。

今まではトースターで濡れ新聞とアルミホイルに包んで

15~30分加熱していましたが

今度はこれでやってみます。

 

スポンサーリンク