きくち体操 意識と動きで若く、美しく!

8月22日の梅沢富美男のズバッと聞きますでは

ひざ、肩、腰に効くきくち体操の

やり方を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

きくち体操

84歳のカリスマの奇跡の体操教師が

一生健康で歩けるようにするための体操です。

菊池和子先生は84歳とは思えないくらい若々しいです。

 

体操①足首回し

①片足を膝にのせます。

 

②手の指と足の指をしっかりと握手します。

 

③1回転8秒を10回繰り返します。

 

足の指は全身の筋肉につながっているため全身が活性化します。

 

体操②顎ぱっくり体操

①口を大きく開けます。

 

②両手を合わせて人差し指と中指の指を2本入れて10秒キープします。

 

目を大きく開けることがポイントです。

 

体操③耳体操

①耳たぶを上に持ち上げてゆっくりと3秒数えます。

 

②耳の上の部分を持ち下にひっぱり3秒数えます。

 

③耳の真ん中を横に引っ張り4回回します。

 

④逆方向にも4回回します。

 

耳の筋肉も肩の筋肉とつながっており、肩こり改善に効果が期待できます。

スポンサーリンク

体操④手首体操

①手首をブラブラ振ります。

 

②グー、パーします。

 

③指を伸ばしたまま手首を下に曲げます。

次に、手首を上に曲げます。

 

④さらに、手首を肩の高さに上げて、外回り、内回りと手首を6回回します。

 

体操⑤足指グーパー

①腰と膝を伸ばして、足を伸ばして座ります。

 

②足の指でグーを作り10秒キープします。

この時、指先に全神経を集中して第3関節から曲げます。

 

③パーを作って10秒キープします。

すべての指が離れているようにします。

 

体操⑥脇プッシュ

①2人1組で相手の脇を押してゆっくり5秒数えます。

1人の場合は自分で脇をつかんで5秒キープします。

 

脇の筋肉をゆっくり押すのがポイントです。

ひじをしっかりと伸ばします。

 

脇は腰と腕の分岐点で、脇を刺激すると腰痛改善に効果が期待できます。

 

体操⑦お尻歩き

①ひざを伸ばしてお尻を上げながら10歩前に歩きます。

 

②後ろにも10歩歩きます。

 

ひざは伸ばしたままがポイントです。

 

骨盤を刺激することで腰痛改善に効果が期待できます。

 

まとめ

きくち体操は簡単にできるのでいいですね。

ぜひやってみたいと思います。

 

スポンサーリンク