【のぼり+ポール白+ポール台11L】のぼり 3178 めはり寿司

得する人損する人では

家庭菜園をやっており

今回は小松菜を美味しくする方法と

それを使っためはり寿司のレシピが紹介されました。

苦味が嫌いな子供も食べられるお寿司なので

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

小松菜の糖度と旨味をアップさせる方法!

家庭菜園をしている人には

是非やって貰いたい得技です。

 

小松菜やほうれん草などの葉物野菜は

収穫可能な大きさに成長した後

寒い場所に置かれると

葉っぱが凍らないように糖分を貯める性質があるのです。

それ故、甘味がグンとあっぷするのです。

 

雪国で育てるキャベツが甘いのは

この性質を利用しているからなのですね。

 

家庭菜園の場合は

収穫可能になってから

ベランダなどの外に置いておくだけです。

収穫前の10日~2週間程度置いておき

その間は水やりの必要もありません。

こうして糖度が2度ほど高い小松菜が収穫可能になります。

 

収穫の際は土に埋もれた部分をはさみで切ると

バラバラにならずに収穫できます。

さらに、光合成をした後の夕方以降に収穫すると

より一層美味しいです。

 

小松菜とたくあんのめはり寿司

その小松菜を使って家事えもんが

子供も食べられる

苦味のない小松菜のめはり寿司を作ってくれました。

 

材料

小松菜・・10枚分(約3株)

白ごま・・大さじ1

紅ショウガ・・5g

たくあん・・5g

ご飯・・1合分(炊きあがり約300g)

寿司酢・・酢 大さじ1と1/2

     砂糖 大さじ1・塩 小さじ1/2

 

スポンサーリンク

作り方

小松菜を塩を振ったお湯で茹でるのですが

先に茎を30秒間茹でます。

そして、葉っぱも入れて10秒茹でます。

 

葉っぱは少し茹でるだけで十分なのです。

 

茹で上がったら冷水で2分さらします。

この間に苦味が出てきます。

しっかりここで苦味を抜くことが大切です。

 

キッチンペーパーで水分を取ったら

破の部分と茎の部分に分けます。

 

茎の部分を5mm程度の大きさに切っていきます。

 

たくあんを2枚用意して

それをみじん切りにします。

たくあんで塩味と食感を良くします。

 

切った具材とたくあんを酢飯に投入します。

 

最後の仕上げに葉っぱでご飯を巻けば

小松菜のめはり寿司の完成です。

 

まとめ

めはり寿司と言えば

和歌山の名産なので

時々食べますが

普通は高菜の漬け物を使いますが

小松菜で作っても美味しそうですね。

 

家事えもんがサイゲン大介に押されてきているので

これからどうなるのかも楽しみですね。

 

すごい家事 - 人生の「掃除の時間」をグッと縮める -

すごい家事 – 人生の「掃除の時間」をグッと縮める –

 

 

スポンサーリンク