【佐野ブランド認定】【特大】永華の餃子(佐野餃子) 70g×10個×4パック

2月17日のバイキングでは

人気商店街で今日使える暮らしのコツが

特集されました。

その中で餃子を焼くコツや

唐揚げを温めなおすコツ

さらには賄い飯の作り方まで教えてくれたので

備忘録として紹介します。

 

餃子を美味しく焼くコツ

スポンサーリンク

①油をひかずにお湯を餃子の半分の高さまで入れます。

 

②蓋をして強火で約1分30秒蒸し焼きにします。

 

③残ったお湯を捨てます。

 

④サラダ油またはごま油を餃子の周りにひきます。

 

⑤再び蓋をして強火で約1分30秒焼き上げます。

 

これで外はカリカリ中はジューシーな

餃子に仕上がってくれます。

 

唐揚げを美味しく温めなおすコツ

①くしゃくしゃにしたアルミホイルに唐揚げをのせます。

 

②それをトースターに入れて、さらに上からふんわりとアルミホイルをかぶせます。

 

③通常通りに加熱するだけです。

 

アルミホイルをくしゃくしゃにすることで

余分な油が落ちて再度から揚げにつくことを

ある程度防げて

さらに、上にかけたアルミが焦げ付きを防止してくれます。

 

から揚げスープ茶漬けのレシピ

スポンサーリンク

①余った唐揚げを薄切りにしてご飯にのせます。

 

②鶏ガラスープをかけます。

 

③お好みで刻み海苔や白ごまをトッピングすれば完成です。

 

鶏ガラスープは顆粒のものでいいですので

おうちに余った唐揚げがあれば

簡単にできますね。

我が家は今日から揚げだったので

残りを明日やってみたいと思います。

 

まとめ

餃子の焼き方はかなり参考になりそうですね。

以前、グルーポンで買った餃子を焼く際にも

説明書にこんなかんじのことが書かれていたと思います。

確かに最後に油をかけることで

かなり旨みが違ったので

ぜひ、改めて挑戦してみたいと思います。

 

スポンサーリンク