美しい富士山 カレンダー2016

3月6日の林先生の初耳学では

富士山の高さについて特集がされます。

これは知っている内容でしたので

ちょっと紹介したいと思います。

 

富士山の高さ

富士山の標高は3776mであることは

有名な話ですよね。

日本で一番高い山なので

一度は目にしたり耳にしたことがあると思います。

 

しかし、この3776mって

いったいどこを基準にしているか

知っていますか?

 

スポンサーリンク

0mが存在しなければ3776mと

決めることができないですよね。

 

日本水準原点

GPSなどにも表示される標高ですが

これは「東京湾平均海面」を基準にしています。

 

東京湾の潮位を観測して

その平均をだして

海抜0mにしているのです。

 

これが0mになっているのですが

海面と山頂を単純に計算するのは難しいので

日本水準原点というものが存在します。

 

 

ここに日本の標高の原点があるのです。

定期的に海面との高さを計算しており

2011年ではここの標高は24.3900mとなっています。

 

年々この標高は下がっており

これはつまり海面が上昇していることを示しています。

 

スポンサーリンク

富士山の高さへの計測

日本水準原点を使って

昔習った三角関数を使用して

富士山の高さを計算で算出しているのです。

sincostanって懐かしいですよね。

 

ちなみに最近富士山で気になったのは

富士山の近くの水で作った

水ゼリーというものがあります。

 

 

水道水ですが硬度等がちょうどよくて

ほんとうに美味しい水らしいので

一度食べてみたいなと思っています。

 

まとめ

普段当たり前に標高何mなどと言っていますが

何を基準にしているのか

あまり考えないですよね。

むかし、高校の先生がしゃべっていたのを

なんとなく覚えていたので

林先生に「知ってたぁ~」って言いたいです。

 

絵でわかる地図と測量 (KS絵でわかるシリーズ)

絵でわかる地図と測量 (KS絵でわかるシリーズ)

 

 

スポンサーリンク