【お薦め】究極のひき肉で作る 牛100% 和牛ハンバーグステーキ プレーン&チーズ 盛合せ 120g×12個入り (プレーン120g×6個、チーズ入り120g×6個)

9月25日のプロから学ぶ生活術

ダメ出し!アドバイザーでは

イケメン料理研究家の

寺田真二郎さんが

丸岡いずみさんのハンバーグにダメ出しして

おいしいハンバーグの

作り方を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

寺田真二郎の極うまハンバーグの美味しいレシピ

丸岡いずみさんのハンバーグは

パサパサになっていましたが

ジューシーなハンバーグを作ってくれました。

 

スポンサーリンク

ポイント①:玉ねぎの切り方

たまねぎを切って目にしみるのを防ぐために

玉ねぎを冷やせば目にしみる原因の

硫化アリルが飛び散るをの防げます。

 

冷蔵庫なら1時間

冷凍庫なら10分

 

冷やすだけで硫化アリルが飛び散りません。

 

また、包丁で切るときに

トントン切らずに

横にスライドさせるように切ると

玉ねぎの辛み成分が飛びません。

また、素早くやるのもポイントです。

 

ポイント②タネの作り方

丸岡さんはすべての材料を一気に入れていましたが

まずはひき肉と塩だけで捏ねるのがポイントです。

 

この時の塩は下味ではなく

ひき肉をひっつけるための物です。

 

また、タネの捏ね方にもポイントがあり

手で混ぜては肉の脂が溶けてしまいます。

 

寺田さんはスプーンで混ぜることを勧めています。

ちなみに低温加熱調理の水島弘史シェフが

麺棒でやることを勧めていました。

 

肉に粘り気が出たら

卵やパン粉、タマネギなどの材料を入れ

同様にスプーンで混ぜます。

 

ポイント③:空気の抜き方

何度も空気抜きでペタペタすると

手の熱で脂が抜けてしまうので

空気抜きのキャッチボールは

5往復の10回もやれば十分です。

 

スポンサーリンク

ポイント④:焼き方

寺田さんは片面1分ずつしか焼きません。

1分ずつ計2分焼くことで

表面に焼き目を付けておきます。

 

焼き目が付いたら耐熱皿に取り出して

ラップをして電子レンジで加熱します。

600Wで6分チンすれば完成です。

 

まとめ

時短でジューシーに作れるとのことですが

結果的に時間は同じくらいではないかと思います。

個人的な意見ですが

電子レンジでチンしたらめちゃくちゃ

肉汁出てしまっていたような・・・。

 

スポンサーリンク