「若返りホルモン」をぐんぐん増やす16の習慣

11月22日のビートたけしがMCの

みんなの家庭の医学では

ホルモンを制する者は健康を制する第1弾として

足腰の筋肉を強くするホルモンを教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

 

ホルモンとは?

焼肉の時に食べるホルモンではなく

体の中の臓器が作り出している物質で

正常に分泌されることで

身体の調子が整えられて健康に過ごすことができます。

 

分かっているだけで体の中には100種類以上のホルモンがあり

日々の健康を司っています。

 

例としては卵巣から出てくる女性ホルモンの

エストロゲンなどがあげられます。

出産や妊娠などの女性の人生に大きくかかわるホルモンですが

実は一生でスプーン1杯程度だそうです。

 

今回は筋肉若返りホルモンについて

市原淳弘先生が教えてくれました。

スポンサーリンク

筋肉若返りホルモン

筋肉若返りホルモンとは

肝臓から出ているIGF-1というホルモンです。

成長ホルモンの一種で

これが分泌されることで

効果的に筋肉をつけることができます。

 

逆にIGF-1を上手く分泌できない人は

運動しても効率的に

筋肉をつけることができないのです。

 

IGF-1が筋肉を成長させる理由

筋肉は筋繊維がたくさん集まって出来ています。

筋肉は運動することで

筋肉が刺激されて筋肉が太くなります。

しかしこれだけでは健康を維持するのには不十分です。

 

IGF-1が筋繊維に引っ付いてから運動をすることで

IGF-1が筋繊維を大きくする指令を出すので

運動だけをした時よりも大きく成長します。

 

IGF-1は外から摂取するとドーピングですが

自分で体内で作る分には問題ありません。

ではどうやって体内で作り出すのでしょうか。

 

IGF-1を出すための食べ方

IGF-1を出すためには食べ方が重要です。

早食いする人は要注意です。

食事時間が長い人の方が

筋肉若返りホルモンが多く分泌されます。

 

これは血糖値が大きく関係しています。

食べ物を食べることで血糖値が上がります。

 

血糖値が上がりすぎてしまうと

体内のIGF-1の分泌を阻害してしまいます。

早食いをするとすぐに吸収されて血糖値が急上昇し

IGF-1の分泌が阻害されてしまうので

筋肉が付きにくくなってしまいます。

 

IGF-1を出すための栄養素

筋肉若返りホルモンのIGF-1を出すためには

アミノ酸の一種のアルギニンを摂ることが大切です。

 

アルギニンが腸から吸収されると

脳を刺激して

肝臓にIGF-1の分泌指令が出ます。

 

これによって筋肉が通常よりも

発達しやすくなります。

 

筋肉を発達させるためには

1日に5gのアルギニンを摂ることが大切です。

スポンサーリンク

アルギニンちょい足し食材

油揚げ1枚・・0.4g

卵1個・・0.5g

豆腐1丁・・1.3g

かつお節小分けパック2つ・・0.5g

のり(全形4枚)・・0.3g

ごま大さじ3杯・・0.8g

 

まとめ

アルギニンを摂取することで

筋肉が100gもアップしていたので

寝たきりになりたくないのなら

ちょい足しする価値ありますね。

 

 

スポンサーリンク