タタキ しめさば 八戸港 片身1枚入り 〆サバ シメ 鯖 1枚 サラダやマリネにも

9月11日のノンストップの

笠原将弘のおかず道場のコーナーで

賛否両論の笠原将弘さんが

サバとカブのさっぱり煮の

作り方を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

 

サバとカブのさっぱり煮のレシピ

 

材料(4人分)

スポンサーリンク

サバ(切り身)・・4切れ

カブ・・4個

塩・・少し

 

【A】

水・・2と1/2

酢・・1/2カップ

酒・・1/2カップ

しょうゆ・・80cc

砂糖・・大さじ4

昆布・・5g

 

【B】

すりごま(白)・・大さじ1

しょうゆ・・大さじ1

砂糖・・大さじ1

 

作り方

①サバは包丁で皮目に1cm感覚に切り目を入れます。

 

②沸騰したお湯にサバをくぐらせて、表面が白くなったら氷水にとって汚れを洗い流します。

洗ったら、ペーパータオルでしっかり水気を拭きます。

 

③カブは皮をむいて半分に切り、茎は小口切りにします。

 

④鍋に【A】を入れてひと煮立ちさせ、サバを皮を上にして加え、カブも一緒に加えます。

スポンサーリンク

⑤再び煮立ったらアルミホイルをかぶせ、弱火で10分ほど煮ます。

 

⑥カブの茎は塩でもんで水気をしっかり絞ります。

【B】で和えます。

 

⑦⑤を器に盛って煮汁を張りカブの茎を添えて完成です。

 

まとめ

鯖とカブおいしそうですね。

ぜひやってみたいと思います。

 

スポンサーリンク