知られざる色覚異常の真実

10月5日のガッテンでは

目の異常で見間違い!?

として目の見え方が違うことで

着衣着火の事故などが起こっていることを

教えてくれました。

どういうことなのか備忘録として紹介します。

 

人によって見える色が違う

ちょっと前にSNSでも話題になった

青と黒、白と金に見える服が出てきました。

私は最初白と金に見えていたのですが

今は青と黒に見えています。

 

本当は青と黒の服なのですが

人によって色の見え方が違うのです。

 

加齢性色覚異常

番組では靴下の色を合わせる実験をしており

ちょっと色味が違う黒や紺、白とクリーム色の

靴下を同じものを合わせるのですが

年齢が上がるにつれて黒と紺の見分けがつきにくくなっていました。

 

服や靴下の色が間違えるだけならいいですが

ガスコンロの青い炎も見落とす人が

年齢が上がるにつれて増えており

60歳以上の1割の人が着衣着火を経験しているそうです。

スポンサーリンク

どうして青色が見えにくくなる?

目の奥の網膜には錐体細胞という

色を感知する細胞があります。

 

細かく分けると赤、緑、青を

それぞれ感知するのですが

もともと人間は青色を識別する細胞が

全体の5~10%しかないそうです。

 

そんな少ない青色を識別する細胞ですが

加齢によって錐体細胞が劣化してく為に

さらに青色が認識しにくくなります。

 

それに加えて水晶体が加齢によって

黄色く変色しています。

黄色は青色を通しにくくなるので

余計に青色が認識できなくなるのです。

 

人によってガスコンロの炎の大きさが違って見える

先ほどの着衣着火ですが

青色が見えにくくなるために

人によってコンロの炎の大きさが異なって見え

服に火がついてしまうことがある様です。

 

色覚異常を見分けるポイント

雨の日に雨粒が見えにくくなって

手を出して雨を確認するようになったら

色覚異常が始まっているかもしれないそうです。

 

色覚異常になると

雨粒が認識しにくくなるそうです。

 

さらには

5円と50円玉を見間違えたり

化粧が濃くなったり

階段を踏み外したりなどが起こってしまいます。

スポンサーリンク

色覚異常の対策

青色を見分けるためには

青い光が多い昼光色の電灯を選ぶのがおすすめです。

服の色を合わせたり

文字を読んだりするのにおすすめです。

 

しかし、ご飯を美味しく見せるのは苦手なので

電球色と切り替えができる

LED電球などが最近出てきているので

そちらがおすすめです。

 

まとめ

私はまだ年齢的に大丈夫だと思いたいですが

服を選ぶときにお店と家とで

思っていた色と違うというのは

こういうところから起こるのですね。

 

 

スポンサーリンク