免疫力を高めれば、薬はいらない!: 医者いらずの体になる簡単健康法 (知的生きかた文庫)

2月16日のビートたけしのみんなの家庭の医学では

免疫力をアップさせる方法が紹介されました。

ざっくり免疫力といいますが

現在流行しているインフルエンザや

ガン細胞にも効果があるので

ぜひ、実践したいと思うので

備忘録として紹介します。

 

免疫力を上げる方法

免疫力の一番の基礎は

ナチュラルキラー細胞という

NK細胞が外敵をやっつけてくれるか

ということが大きな要因です。

 

ガン細胞もやっつけてくれる

NK細胞なのですが

普段はリンパ節で滞っているそうです。

 

免疫力をあげるには

リンパ節で休眠しているNK細胞を

叩き起こしてあげる必要があります。

それを簡単にやる方法がこちらです。

 

食後2時間後に20分横になる

スポンサーリンク

食後2時間後に20分間横になると

リンパ液にタンパク質が流れ込んでくるのですが

横になってあげることで

勢いよくリンパ管をタンパク質が流れます。

 

これに刺激されて

NK細胞がリンパ節から

飛び出して免疫が活性化されるのです。

 

腹式呼吸も同時にすると効果的

スポンサーリンク

食後2時間後に横になりながら

腹式呼吸も並行して行うことで

さらに効果的だとのことです。

 

食後2時間後は脂肪も吸収されて

乳び槽というリンパ液が集まるタンクに

集まってくるそうです。

 

乳び槽はおへその上あたりにあるので

この時に腹式呼吸をしてあげることで

効果的にリンパ液を流すことができるのです。

 

まとめ

食後2時間後に横になるだけで

免疫力があがるとは

かなり意外でしたね。

ただし、社会人が朝食や昼食を食べた後

2時間後に横になるというのは

非現実的な気がしました。

 

夜だとそのまま寝てしまいそうですし。

でも、おうちにいるおじいちゃんやおばあちゃんには

やりやすくてよさそうな方法だったので

試せそうな人はぜひ試してください。

 

疲れない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)

疲れない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)

 

 

スポンサーリンク