すぐる食品 カツ丼の具 220g  冷凍

2月28日のこの差って何ですか!?では

カツ丼をプロがアレンジしたらどうなるか?

という企画が放送されました。

カツ丼を中華風にした

旨炒り卵のパイコー風カツ丼が美味しそうだったので

備忘録として紹介します。

 

中華のプロが手掛けたカツ丼

今回の中華のプロは

広東料理の桃花林の総料理長

陳龍誠さんが作ってくれました。

 

材料

スポンサーリンク

豚ロース・・180g

長ネギ・・1/2本

パクチー・・適量

干し椎茸・・1枚

ほうれん草・・1/3束

パン粉・・大さじ1

中華スープ・・100cc

酒・・小さじ1

 

<炒り卵>

玉子・・2個

水溶き片栗粉・・適量

ゴマ油・・少々

コショウ・・少々

 

[調味料(1)]

オイスターソース・・小さじ1

しょう油・・小さじ1

砂糖・・小さじ1

 

[調味料(2)]

塩・・2g

カレー粉・・小さじ1/2

水・・大さじ1

ゴマ油・・小さじ2

小麦粉・・適量

 

作り方

①豚肉の赤身と脂身の間の筋を

包丁で筋切りしてあげます。

これでお肉が反るのを防げます。

 

②この豚肉を調味料2で漬けこんで

しっかりと下味をつけてあげます。

 

③中華にはパン粉で揚げる文化がないので

小麦粉だけをまぶして揚げていきます。

170℃の油で4分間揚げていきます。

揚がったらカットしておきます。

 

④長ネギを油で移すためにしっかりと炒めたら

戻した椎茸とほうれん草を加えます。

 

⑤そこにお酒を入れて中華スープで煮ていきます。

 

⑥中華ならではのオイスターソースと

しょうゆと砂糖で味を整えたら

トンカツを鍋の中に入れます。

 

スポンサーリンク

⑦別のフライパンで炒り卵を作ります。

玉子に塩・ゴマ油・コショウ・

水溶き片栗粉を入れてよくかき混ぜます。

そして、フライパンに油大さじ1を入れて炒り卵を半熟に仕上げます。

 

⑧この炒り卵をトンカツのある鍋に

投入してなじませます。

 

⑨仕上げにスープを吸わせるために

パン粉を振りかけて

どんぶりに盛り付けて

パクチーを添えたら完成です。

 

そのお味は?

カレー粉が入っており

思っているよりも

さっぱりと食べられるそうです。

カツ丼というよりも

もはや別の料理でしたが

これはこれで美味しそうでした。

 

まとめ

下味にカレー味が付いた

トンカツってどんな感じなのでしょうかね。

しかも、パン粉で揚げていないので

カツというよりもから揚げか天ぷらですよね。

 

しかも炒り卵を入れるというのは

中華ならではの発想なので

ぜひ、挑戦してみたいと思います。

 

お腹がすいたら 「すぐ麺」レシピ

お腹がすいたら 「すぐ麺」レシピ

 

 

スポンサーリンク