パール金属 すし パーティー ちらし寿司 3点セット D-485

もうすぐひな祭りということで

南極料理人は鮭のちらし寿司を作ってくれました。

しかも、前日からの鮭料理のアレンジで

鮭の餃子をちらし寿司に大変身させたのです。

備忘録として紹介します。

 

南極ちらし寿司の作り方

鮭の羽根付き餃子をアレンジするだけでなくて

今回は酢飯を作るのに酢ではなくて

オレンジジュースを使うという

一風変わったちらし寿司です。

 

材料

スポンサーリンク

100%オレンジジュース・・360cc

レモン・・1個

余った餃子・・3~4個

塩・・小さじ1

ポン酢・・大さじ2

プチトマト・・10個

ゆで卵・・1個

ソーセージ・・2~3本

お好み焼きソース・・大さじ1

余り物のコロッケ・・2個

大葉・・4枚

 

作り方

①お米2合を洗って、10分間お水で浸漬します。

 

②お米の水を切ったら、オレンジジュースを目盛りまで入れて

普通にご飯を炊きます。

 

③ご飯が炊けたら塩とレモンを絞り

レモンの皮は一欠けらみじん切りにして混ぜます。

 

④ソーセージを1cm角に切って

お好み焼きソースでフライパンで炒めます。

 

⑤深めの鍋にラップを2枚十字に敷き

炒めたソーセージを入れて

その上からご飯を1/3入れて平らにします。

 

⑥余った餃子を一口大にちぎって

フライパンで軽く炒めてポン酢で味付けをします。

 

⑦この餃子を⑤のご飯にのせて

さらにその上にご飯を1/3かぶせます。

 

スポンサーリンク

⑧余り物のコロッケを一口サイズにちぎって⑦の上におき

残りのご飯を被せてしっかり押さえて平らにします。

 

⑨鍋を平らなお皿にひっくり返します。

 

⑩ラップを外してご飯のまわりにプチトマトを飾ります。

 

⑪ボウルにざるを被せてゆで卵の白身をヘラで押しつぶします。

これをご飯に飾ります。

黄身も同様にざるで漉して飾ります。

 

⑫最後に大葉をみじん切りにして散らせば完成です。

 

まとめ

オレンジジュースで炊いたご飯が黄色で

プチトマトが赤くて

彩りはかなり綺麗です。

さらに、鮭の餃子の具をポン酢で炒めて

味付けしたものやソーセージが入っているので

子供も喜んで食べる味に仕上がっていると思います。

ぜひ、挑戦してみたいです。

 

【小針水産】 銀鮭(サケ) 切り身 大切り(1パック10切入り)

【小針水産】 銀鮭(サケ) 切り身 大切り(1パック10切入り)

 

スポンサーリンク