和菓子根付 ひし餅

3月3日のバイキングでは

ひな祭りということで

ひし餅型のちらし寿司の作り方を教えてくれました。

彩りも綺麗で美味しそうだったので

備忘録として紹介します。

 

ひし餅型ちらし寿司のレシピ

牛乳パックで型を取って

ひし餅型にするのがポイントです。

 

材料【2個分】

炊いたご飯・・350g

すし酢・・大さじ2

 

スポンサーリンク

<A>

油揚げ・・1枚

人参のみじん切り・・少々(10g)

水・・75cc

酒・・大さじ1/2

みりん・・大さじ1

しょう油・・大さじ1

砂糖・・大さじ1/2

 

卵・・1個

塩・・少々

下茹でしたほうれん草・・20g

 

<B>

ごま油・・小さじ1/4

塩・・少々

しょう油・・小さじ1/4

白ゴマ・・小さじ1/2

 

生ハム・・4枚

 

飾り用

ししゃもっこ

とびっこ

いくらなど

 

緑色にスプラウトなど

 

作り方

①油揚げを1センチ角程に細かく切ります。

 

②鍋を火にかけて<A>の材料をすべて入れて

落としブタをして5分ほど煮ます。

 

スポンサーリンク

③卵と塩を合わせてフライパンで煎り卵をつくっておきます。

 

④下茹でしたほうれん草を細かく切り

<B>の材料を混ぜ合わせておきます。

 

⑤炊いたご飯にすし酢を入れて混ぜます。

 

⑥よく洗って乾かした牛乳パックを

6cmの高さにカットして型にします。

 

⑦牛乳パックにご飯と具材を詰めるのですが

牛乳パックの内側を濡らしておくといいですよ。

 

⑧最初にご飯を薄く敷いて

スプーンなどを濡らして押さえます。

次に④で作ったほうれん草を散らしてご飯を敷きます。

さらに、③を散らして次にご飯、②を散らして

最後にご飯を敷き詰めます。

 

⑨牛乳パックの端をハサミで切って型を外します。

 

⑨生ハムを横半分に切ってくるくると巻き

バラのような形を作ります。

 

⑩ちらし寿司にとびっこやいくらなどを飾りつけて

スプラウトなども飾って

最後に⑨で作った生ハムのバラを飾れば完成です。

 

まとめ

ひな祭りにぴったりな

かわいいちらし寿司ですね。

しかも彩りも綺麗で

普通のちらし寿司よりも

断然ひな祭り感が味わえると思います。

 

スポンサーリンク