活けじめ 真鯛 養殖 愛媛産 約1-1.5kg 【築地直送】マダイ

3月8日のあさイチでは

真鯛を使ったレシピとして

3人のシェフが料理を教えてくれました。

今回はイタリアンの真鯛のソテーを

備忘録として紹介します。

 

イタリアンの真鯛のソテーのレシピ

マリオ・フリットリシェフが教えてくれて

皮がカリッと!中はふんわりとしているのが

この料理の特徴です。

 

材料(2人分)

スポンサーリンク

真鯛(切り身)・・2切れ

塩・・適量

白コショウ・・適量

オリーブオイル・・適量

バター・・30g

菜の花・・6本(60g)

ニンニク・・一かけ

ローズマリー(生)・・2本

ミニトマト・・10個

あさり・・200g

白ワイン・・100ml

 

作り方

<下準備>

①真鯛の皮に斜めに格子状の切れ目を4本入れます。

 

ポイント

切れ目を入れることで皮が熱収縮しても

身と皮が分離せずに綺麗に仕上がります。

 

②真鯛の両面に塩コショウを振って

皮にオリーブオイルを塗ります。

 

③菜の花を半分の長さに切っておきます。

 

④あさりは砂抜きして洗っておきます。

この時に他の番組ですが

1分位ジャラジャラ混ぜると

貝柱が綺麗に取れますよ。

 

<作り方>

①フライパンを強火で温めてオリーブオイルを入れます。

 

②フライパンから少し煙が出てきたら

バターを10g加えて真鯛の皮目から焼き始めます。

 

ポイント

真鯛の身が反り返るようなら

フライ返しなどで押さえつけます。

 

③真鯛の上の部分の中心以外が白くなったら

取り出してフライパンの油をふき取ります。

 

④同じフライパンにオリーブオイルと

ニンニクを入れて1分加熱します。

 

スポンサーリンク

⑤にんにくの裏側が茶色く焦げてきたら

ローズマリー、菜の花、ミニトマト

あさり、白ワインを加えて蓋をします。

 

⑥沸騰の蒸気が落ち着いてきたら蓋を取って

あさりの殻が開くまで1分半ほど煮ます。

 

⑦③でソテーした真鯛を皮を上にしてフライパンに入れ

1分ほど加熱したら、皿に盛りつけます。

 

⑧フライパンに残ったソースに

塩コショウを振って味を整えて

バター20g、オリーブオイルを入れて乳化させます。

 

⑨とろみがついてきたら真鯛以外に⑧のソースをかけて完成です。

 

ポイント

皮のパリパリ感を残すために

真鯛に直接かけないでください。

 

 

まとめ

鯛というと刺身や塩焼きのイメージですが

このソテーはめちゃくちゃ美味しそうですね。

皮目がパリパリで

中の白身はふっくら仕上がっているので

とても美味しそうでした。

ぜひ、挑戦したいと思います。

 

NHK「あさイチ」スーパー主婦の直伝スゴ技!

NHK「あさイチ」スーパー主婦の直伝スゴ技!

 

 

スポンサーリンク