飛騨牛かたロース肉すき焼き鍋セット(野菜・糸こんにゃく・割下付)

3月9日のバイキングでは

一流シェフの家鍋で

山下春幸シェフが

プロのすき焼きのレシピを

教えてくれました。

ぜひ、我が家でもやりたいので

備忘録として紹介します。

 

山下春幸シェフのすきやきのレシピ

通常使用する牛脂ではなくて

バターでお肉を焼いたり

割下にはちみつをいれたり

トマトをいれてみたりとと

アレンジが効いていて試したい技がたくさんです。

 

材料(4人前)

スポンサーリンク

赤身牛肉・・400g(シメに少し取っておく)

無塩バター・・100g

トマト・・2~3個

ゴボウ・・2本

シイタケ・・5個

白ネギ・・2~3本

玉ねぎ(中)・・2~3個

 

<割り下>

はちみつ・・20g

濃口しょうゆ・・180cc

本みりん・・100cc

日本酒・・80cc

三温糖・・160g

昆布・・6g

 

作り方

①鍋に無塩バターを溶かします。

 

ポイント

割下に塩分があるので

無塩バターの方がいいですよ。

また、バターで焼くことで

牛脂よりも脂っこくないお肉になります。

 

②バターが十分溶けたら

肉の端に軽く焼き目がつくまで焼きます。

 

③肉に焼き目が付いたら

割り下を鍋肌からゆっくり入れます。

 

④そしてここでカットしたトマトを入れます。

 

ポイント

トマトの酸味がすき焼きの甘さを

サッパリとさせてくれて

味に深みが増して肉の味が引き立ちます。

 

⑤さらに、ネギ、しいたけ、玉ねぎ

厚めのささがきに切ったごぼうを入れます。

 

ポイント

ゴボウを厚めに切ることで

味がしみ込み過ぎず美味しくなります。

 

⑥ひと煮立ちしたら春菊を乗せて完成です。

 

牡蠣入りのすき焼きのシメ

材料(4人前)

スポンサーリンク

加熱調理用牡蠣・・12個

白米・・400g

三つ葉・・少々

黒コショウ・・ひとつまみ

ゆず・・ひと削り

パルミジャーノレッジャーノ・・適量(粉チーズで良さそうです。)

生卵・・すきやきの余りでOK

 

作り方

①炊飯器で牡蠣を入れてご飯を炊きます。

 

②炊きあがった牡蠣ご飯に

上から余ったお肉とすき焼きの具をのせて

すき焼きの汁をかけます。

 

③三つ葉、黒コショウ、ゆずの皮を入れて

パルミジャーノレッジャーノを削り

残った卵をちょっと垂らせば完成です。

 

まとめ

普通の家でやるすき焼きでは

バターで肉を焼いたり

はちみつを入れたり

トマトを入れることはないですよね。

ちなみに、うちのすき焼きは

割り下を使わないので

この方法で作ってみたいと思います。

 

 

英語でつくる 基本の和食―和食の基本を英語で知ろう 寿司、天ぷら、すき焼き、行事食など (主婦の友αブックス)

英語でつくる 基本の和食―和食の基本を英語で知ろう 寿司、天ぷら、すき焼き、行事食など (主婦の友αブックス)

 

 

スポンサーリンク