NOBUのすし (初公開のテクニック&86レシピ)

3月20日のこの差って何ですかでは

行楽シーズンのお弁当を

美味しく作る方法を紹介してくれました。

今回は巻き寿司を海苔をベチャッとさせずに

綺麗に作る方法を教えてくれましたので

備忘録として紹介します。

 

巻きずしをベチャッとさせない作り方

家庭で巻き寿司を作ると

形は崩れますし

時間が経つとベチャッとなって

あまり美味しくないですよね。

これを解決する方法があるのです。

 

作り方

スポンサーリンク

①巻き簾の上に海苔を敷きます。

 

②ご飯の前に薄焼き卵をのせます。

おぼろ昆布でもいいです。

これで米の水分が海苔に行かずに

ベチャッとなりにくいです。

 

③酢飯をのせるのですが

ここで奥側の端っこ1㎝程度は

のりしろとして酢飯をのせないでください。

 

④厚焼き玉子などの具材を乗せたら

巻くのですが手前からのりしろの手前に向けて

巻き寿司を巻いてください。

あとはのりしろを海苔に重なるように

うまく形を整えてください。

 

これで冷めてもベチャッとならずに

綺麗な形の巻きずしになりますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

酢飯と海苔の間に

薄焼き卵を挟んであげることで

海苔を湿気らせないとは

さすがプロの技ですね。

 

アイスクリームの

チョコモナカジャンボの

チョコのような効果をもたらして

海苔の風味を保っているのですね。

ぜひ、海苔巻きをするときには参考にしてください。

 

海苔巻せんべい 11枚×12袋

海苔巻せんべい 11枚×12袋

 

 

スポンサーリンク