さば味噌煮 (2L×2尾)

4月4日のノンストップでは

行列シェフのまかない家ごはんで

東京銀座の西洋料理店の

玉木裕シェフが

失敗しない鯖の味噌煮の作り方を

教えてくれましたので

備忘録として紹介します。

 

西洋風サバの味噌煮のレシピ

他の料理にも転用可能なみそだれも

ぜひ覚えておきたいレシピです。

冷蔵庫で1週間保存が効くそうです。

 

材料(2人分)

スポンサーリンク

サバ(切り身・三枚おろし)・・2切れ

塩・・適量

コショウ・・適量

薄力粉・・適量

サラダ油・・50ml

 

<西洋風サバ味噌のタレ>

昆布だし・・昆布1枚と水450ml

砂糖・・大さじ1.5

赤味噌・・40gと80g

しょう油・・小さじ1

 

作り方

①サバの皮目に切れ目を入れて

両面に塩コショウを振ります。

 

②サバに薄力粉をまぶします。

 

③フライパンに1cm程度の深さになるように

サラダ油をしきます。

そこにサバを並べて

油を回しかけながら揚げ焼きにします。

 

④3~4分程度でこんがりと

きつね色になるまで焼きます。

 

⑤鍋に西洋風サバ味噌のタレの

昆布だしを入れて

さらに砂糖と赤味噌40gも入れます。

 

スポンサーリンク

⑥別の小鍋に湯を沸かして

揚げ焼きにしたサバを湯通しします。

これで臭みがかなり取れます。

 

⑦湯通ししたサバを

沸かした煮汁に入れて弱火で炊きます。

 

⑧途中で赤味噌80gを足して

弱火で20分煮込みます。

 

⑨最後にしょう油を回し入れて完成です。

 

まとめ

揚げ焼きにしたサバをさらに

湯通しするとは

徹底的に臭みを抜いていますね。

これならサバのにおいが苦手な人でも

食べられそうだと思いました。

ぜひ、挑戦してみます。

 

ESSE(エッセ) 2016年 05 月号 [雑誌]

ESSE(エッセ) 2016年 05 月号 [雑誌]

 

 

 

スポンサーリンク