静岡県産 駿河湾 由比 生桜えび (冷凍タイプ)

4月13日のバイキングでは

モリクミこと森公美子さんが

桜エビの玉子丼

春野菜の明太子和え

青のり汁

の3品で定食を作ってくれました。

春らしいレシピで美味しそうだったので

備忘録として紹介します。

 

桜えびの玉子丼定食のレシピ

たった10分でパッと作ってくれました。

桜えびを使うことで

上品なダシのどんぶりに仕上がっていました。

 

和えものはタケノコなどの

春野菜がたっぷりで

とても美味しそうです。

 

青のり汁はお椀にお湯を注ぐだけです。

 

桜えびの玉子丼の材料(1人分)

スポンサーリンク

桜えび・・7g

みつば・・1/2束

油揚げ(長方形)・・1枚

めんつゆ(3倍濃縮)・・大さじ2

砂糖・・大さじ1/2

卵・・2個

ご飯・・1膳分

 

春野菜の明太子和えの材料(1人分)

さやいんげん・・5本

グリーンアスパラガス・・4本

たけのこ・・70g

明太子・・1/2腹

めんつゆ(3倍濃縮)・・小さじ1

日本酒・・小さじ1

えごま油・・大さじ1

マヨネーズ・・適量

一味唐辛子・・適量

 

青のり汁の材料(1人分)

生青のり・・大さじ2

めんつゆ(3倍濃縮)・・小さじ2

塩・・少々

熱湯・・160ml

おろし生姜・・小さじ1/2

 

作り方

①いんげん、アスパラは4~5cmの

長さに斜め切りして

茹でタケノコは薄切りにします。

 

②①の野菜を耐熱皿に入れて軽くラップし

600Wの電子レンジで2分加熱します。

 

③過熱している間に明太子をほぐして

めんつゆ、日本酒、えごま油を合わせます。

 

④②と③を和えて、お好みで

一味唐辛子とマヨネーズを混ぜたものを添えます。

 

⑤みつばは茎を4cmの長さに切って

葉と分けておきます。

 

⑥油揚げは横半分に切って

1cm幅の短冊切りにします。

 

スポンサーリンク

⑦小さいフライパンに

水、めんつゆ、砂糖を入れてひと煮立ちさせ

油揚げ、みつばの茎、桜えびを入れて煮ます。

 

⑧卵を溶いて2回に分けて回し入れて

卵が半熟になったら火を止めます。

 

⑨どんぶりにご飯をよそって⑧をのせます。

 

⑩お椀に生青のり、めんつゆ、塩を入れて

熱湯を注いでおろし生姜を乗せて完成です。

 

まとめ

普通の玉子丼だと味気ないですが

桜えびを入れることで

良いダシと海老の旨みが出て

とても美味しそうです。

また、明太子和えはとても美味しそうなので

ぜひ、やってみたいですね。

 

「せっかち」はウマ(美味 上手)い!  料理は本能、味は煩悩 (HERS book)

「せっかち」はウマ(美味 上手)い! 料理は本能、味は煩悩 (HERS book)

 

 

 

スポンサーリンク