山形県 「糀の健康ドリンク・5種類セット」 各550g

4月13日の趣味どきっでは

きょうから発酵ライフで

藤原紀香さんと塚地武雅さんが

塩麹と甘酒の健康効果を

紹介してくれました。

備忘録として紹介します。

 

塩こうじの健康効果

塩こうじは最近ブレイクしましたが

実は江戸時代の三五八漬けに由来があり

塩3・こうじ5・お米8として漬けた

お漬物があり

塩こうじの原型です。

 

塩こうじに使う麹菌ですが

これは国菌として認められ

日本を代表する発酵菌です。

 

こうじ菌にはビタミンB群や

ポリフェノール

こうじ酸が含まれており

疲労回復やアンチエイジング・美肌

さらにこうじ酸には美白効果もあります。

 

塩こうじの作り方

前橋先生が失敗しない塩こうじの作り方を

教えてくれました。

 

材料

スポンサーリンク

お湯・・100ml(60℃くらい)

塩・・22g

米こうじ・・100g

 

作り方

①お湯に塩を溶きます。

 

②保存袋に米こうじを入れて

塊を丁寧にほぐします。

 

③米こうじが入った保存袋に①のお湯を注ぎます。

 

④熱湯を入れて保温していたポットのお湯を捨てて

その中に③の保存袋を入れます。

1週間ほど常温で発酵させれば完成です。

 

途中でポットの温度を上げ直すと

もっと早く完成します。

冷蔵庫で3ヶ月は保存が可能です。

 

番組では言っていませんでしたが

60℃くらいに保てば

一晩もあれば完成しますよ。

 

伏木流・甘酒の作り方

発酵王子の異名をもつ料人の

伏木暢顕さんがとっておきの

甘酒の作り方を教えてくれました。

うちでも甘酒をよく作るので

このブログでもなんどか紹介していますが

ちょっとレシピが違いました。

 

材料

米・・1合を4合分の水で炊いたもの

水・・750ml

米こうじ・・2合

 

作り方

①お鍋に1合の米を4合分の水で炊いた

ご飯を入れます。

 

②お水を750ml入れます。

 

③米こうじ2合分(360ml)入れます。

 

④弱火にかけて60~65℃まで温度を上げます。

 

⑤保温ポットに全部入れて7~8時間置けば完成です。

 

温度は高くなりすぎると

糖化してくれずに失敗するので

絶対70℃を超えないでください。

 

このような温度計があると便利です。

タニタ スティック温度計 ホワイト TT-508-WH

タニタ スティック温度計 ホワイト TT-508-WH

 

 

フルーツ甘酒

伏木さんは最初にフルーツ甘酒を持ってきてくれました。

藤原紀香さんも素で美味しそうでした。

 

キウイ甘酒

キウイフルーツ・・1/3個

甘酒・・50ml

 

イチゴ甘酒

イチゴ・・4個

甘酒・・50ml

 

スポンサーリンク

作り方

①ミキサーで滑らかになるまで撹拌して完成です。

 

市販品でもありますよ。

ヤマク食品 フルーツ甘酒 ピーチ180g×12本

ヤマク食品 フルーツ甘酒 ピーチ180g×12本

 

 

5種類セットもありました。

 

新じゃがの甘酒煮

甘酒は飲むだけじゃなくて

砂糖代わりに調味料として使うのも

とてもおすすめなのです。

実は我が家でも甘酒で料理を作っています。

 

材料(2人分)

新じゃがいも・・6個

甘酒・・カップ1/2

しょう油・・小さじ1

だし・・2カップ

塩・・少々

酒・・大さじ1

 

作り方

①新じゃがは皮付きのままでお鍋に入れます。

 

②①に浸るようにダシを入れて

甘酒、しょう油、塩、酒も入れます。

 

③アルミホイルを鍋の大きさに形作り

それを落し蓋にして火にかけます。

 

④泡立ってきてアルミホイルが持ち上げられます。

このアルミホイルが鍋の高さになる程度の火力で

20分間芋を煮込み完成です。

 

甘酒漬けの鶏のから揚げのレシピ

さらに甘酒に鶏肉を漬け込んで

から揚げにしたものも紹介してくれました。

 

材料(2人分)

鶏もも肉・・1枚

塩・・小さじ1/2

片栗粉・・適量

揚げ油・・適量

 

<甘酒だれ>

甘酒・・大さじ1と1/3

塩・・小さじ1

セロリの葉・・5g

にんにく・・1かけ

生姜・・1かけ

 

作り方は詳しく紹介されませんでしたが

甘酒だれで一晩鶏肉を漬け込んで

揚げればOKだと思います。

 

まとめ

甘酒は頻繁に作っていましたが

塩こうじは作ったことがなかったので

ぜひ参考にしてみたいと思いました。

さらにフルーツ甘酒は美味しそうですので

甘酒を作って試してみようと思います。

 

スポンサーリンク