4月17日の林先生の初耳学では

出川哲郎が町田野菜という野菜について

問題を出しました。

なんと栄養価をコントロールできる野菜が

あるというのです。

どんなものか気になったので

備忘録として紹介します。

 

LEDで栽培して栄養価アップ

なんと町田野菜という野菜は

LEDで栽培することで

栄養価をコントロールしているのです。

 

スポンサーリンク

LEDでなんと老化防止の栄養価が2.6倍の

レタスを栽培することができるのです。

 

太陽光で育てるのではなく

LEDで育てることで

色の当てる色の調整ができるので

このようなことができるのです。

 

LEDの長所

植物は光を受けて育ちますが

光の色によって見た目、味、栄養価が変化するのです。

そこで光の色を使い分けながら

野菜の栄養価をコントロールしているのです。

 

今やミシュランのレストランでも

使用されるくらいに評価が高いのです。

 

赤色LEDの効果

赤い色は光合成を促進させるので

ぶどう糖やオリゴ糖が作られて

野菜の甘みがアップします。

 

青色LEDの効果

青い色は老化予防とシャキシャキ感をアップしてくれます。

青い光で抗酸化作用のある

ビタミンA・C・Eがアップして

美肌効果が上がります。

また、青は野菜自身がストレスを感じる色なので

野菜が自分の体を守るために葉や茎が硬くなります。

よってそれがシャキシャキ感につながります。

 

スポンサーリンク

LED野菜のお取り寄せ

町田野菜を見つけることができませんでしたが

LEDを利用した野菜は

楽天で発見することができました。

リーフレタスとサラダ菜の詰め合わせです。

 

LEDで栽培していれば

どこで栽培しているかなどは

天候も土も関係ないので

こちらの野菜もぜひ見てみてください。

 

また、自宅でLEDを使って水耕栽培 

ができるキットも売られていましたよ。

 

まとめ

実は大学の時に自分の学部とは違いますが

赤と青のLEDで水耕栽培をしている研究室があったので

これは知っていたのですよね。

ただ、その部屋の前は赤と青い光しかないので

めちゃくちゃ気味が悪かったです。

夜とか何ココと思ってました。

でも、野菜は完全に管理されて育てられているので

無農薬で味も美味しいならば

ぜひ、食べてみたいですよね。

 

 

スポンサーリンク