マンガで一発!普通免許を早くとる本 実技編

4月24日の林先生が驚く初耳学では

免許証の写真を綺麗に撮ってもらう方法を

紹介してくれました。

運転免許って変な写りになりますよね。

備忘録として紹介します。

 

免許証の写真に綺麗に写る方法

運転免許ってほぼ変に写りますよね。

犯罪者みたいな写りになります。

実はこの写真写りには

綺麗に写るための服の色と

着てはいけない服の色があるのです。

 

スポンサーリンク

免許証の写真に綺麗に写るための服の色

免許で一番きれいに見える服は

「白」なのです。

 

白にはレフ版効果があり

肌の色を明るく見せてくれるのです。

しわを隠してくれて

目の下の

 

白い服を着ると膨張色なので 

 

免許証の撮影にNGな色

逆に絶対に来たらいけない服は

「黄」色なのです。

黄色は背景の青の補色なので

相性がとてもよくないのです。

黄色の服は背景の青に浮きすぎてしまいまいます。

 

さらに、黄色の服が肌写りして

肌の血色も黄ばんで悪く見えてしまうのです。

 

スポンサーリンク

もう1つ着てはいけない服は

「黒」です。

黒は顔色が沈みくすんで見えます。

 

綺麗に写るためのポイント

白い服で首元が開いたデザインがおすすめです。

首がスッキリと長く見えます。

さらに、写る瞬間まで目を閉じておき

「3、2、1」で目を開けると

瞳孔が開いて綺麗に写ります。

 

まとめ

免許の写真には

しかし、去年更新してきたばかりで

まだ4年半残っているので

その時にこのブログを見直して思い出さなければいけないです。

ただ、他の証明写真にも使えそうなので

今年有効期限が切れるパスポートなどに使いたいですね。

 

わかる!使える色彩学

わかる!使える色彩学

 

 

スポンサーリンク