おとなの週末セレクト「絶品! 最強のハンバーガー」〈2016年4月号〉 [雑誌] おとなの週末 セレクト

5月21日の嵐にしやがれでは

肉汁デスマッチが開催されました。

最近は屋台でも肉汁が取り上げられるほど

人気のカテゴリーで

肉が大好きな二階堂ふみさんと山崎賢人さんがゲストで

ハンバーガーなどが紹介され美味しそうでしたので

備忘録として紹介します。

 

シェイクシャック SHAKE SHACK

東京・神宮外苑にあるグルメバーガーの火付け役です。

グルメバーガーとはつなぎが少なく

お肉感満載なのが特徴なのです。

オープンしてから半年たちますが

いまだに行列が絶えない名店です。

私もGWに行ってきて2時間待って食べてきましたよ。

 

スポンサーリンク

HENRY’S BURGER

東京・代官山にあるお店で

焼肉屋さんが手掛けるグルメバーガーです。

A5ランクの黒毛和牛を使用し

ミンギ肉ではなく超粗挽き肉を使用します。

押し付けながら焼くことで

余分な脂が流れ出し旨みが閉じ込められます。

ハンバーガー・ダブル 1350円が紹介されました。

 

Salt Water

恵比寿ガーデンプレイス内にあるお店で

世界のベストレストラン50の

デイビット・マイヤーズ氏が手掛ける

パーフェクトバーガーが食べられます。

オージービーフを焼き目を付けたらオーブンで焼き

そのバーガーに付ける自家製のアイオリオースが絶賛されています。

さらに煮詰めた甘い玉ねぎソースも塗った

ソルトウォーターバーガー 1490円が紹介されました。

 

ハラカラ。

東京・三軒茶屋にあるお店で

女子が絶賛する和風ハンバーガーが味わえるお店です。

甘味が強い肩ロースを使用し

肉本来の味わいを守るために塩コショウのみの味付けです。

このパティにしそと大根おろしをのせた

鬼おろしそバーガー 1296円が紹介されました。

 

CARNEYA SANOMAN’S

東京・西麻布にあるお店で

40日熟成させたホルスタイン牛のサーロインを使用し

ブロックのまま120℃のオーブンで1時間半焼きます。

そのお肉を薄くスライスし甘めのグレービーソースをかけて

バンズに挟んだ

ローストビーフバーガー 1900円(ランチタイムのみ)

が紹介されました。

 

shake tree

東京・両国にあるお店です。

肉好きのためのハンバーガーと言われるだけあり

パンを使用しないハンバーグでサンドした

Wild Out 1450円が紹介されました。

肉のうまみが薄まることなく

ガツンと肉がきます。

 

牛カツ あおな

東京・御徒町にあるお店で

今、牛肉のカツが大ブームなのです。

国産黒毛和牛の極上霜降り肉を使用し

牛本来の味が味わえます。

揚げ時間約1分でサクッと表面だけ揚げた

「な」霜降り黒毛和牛 1814円が紹介されました。

 

スポンサーリンク

浅草メンチ

浅草・伝法院通りにあるお店で

今や浅草と言えばメンチカツと言うくらいに

大行列ができるお店なのです。

神奈川県産、高座豚と牛肉の合い挽き肉で

肉汁があふれ出る美味しさがあります。

浅草メンチ 1個200円が紹介されました。

 

腰塚

東京・自由が丘にあるお店で

黒毛和牛専門の精肉店です。

最高品質の黒毛和牛を使用した

黒毛和牛メンチ 1個250円が紹介されました。

さらに卵を一緒に包み込んだ

黒毛和牛とろ~り半熟味付け玉子メンチ 1個380円も

合わせて紹介されました。

 

キッチンハセガワ

東京・渋谷にあるお店で

第1回ハンバーググランプリで金賞を獲っています。

牛と豚の合いびきミンチ肉を使用しますが

さらに牛タンひき肉を混ぜることがポイントです。

たっぷりの油で表面をこんがり焼き

オーブンでじっくり焼けば完成です。

絶賛のデミグラスソースがかかった

デミグラスハンバーグ定食 980円が紹介されました。

 

まとめ

個人的に牛カツがとても美味しそうでした。

あれは間違いなく美味しいでしょう。

ハンバーガーもshake shackは食べましたが

さらにいろいろなハンバーガーがあり

肉だけのWild Outもとても気になりました。

ぜひ、食べに行きたいと思います。

 

芸能界のグルメ王が世界に薦める!  東京 最強の100皿

芸能界のグルメ王が世界に薦める! 東京 最強の100皿

 

 

スポンサーリンク