おひなまつりのちらしずし (福音館の単行本)

7月26日のノンストップの

笠原将弘のおかず道場では

タコとキュウリの夏ちらしの

作り方を教えてくれました。

梅肉と卵黄で梅だれを作り

とても美味しそうでしたので

備忘録として紹介します。

 

タコとキュウリの夏ちらしのレシピ

長芋も入っているので

スタミナをつけるのにも

良さそうな夏の一品です。

 

材料(4人分)

スポンサーリンク

茹でダコ(足)・・100g

キュウリ・・1本

塩・・少し

長芋・・100g

ワカメ(塩蔵)・・30g

 

【A】

梅肉・・大さじ4

卵黄・・2個分

サラダ油・・大さじ2

しょう油・・大さじ1

はちみつ・・大さじ1

 

温かいごはん・・茶碗4杯分(600g)

 

【B】

酢・・大さじ3

砂糖・・大さじ1

塩・・小さじ1/2

 

煎りごま(白)・・大さじ3

カイワレ大根・・1/3パック

 

作り方

①茹でダコは一口大に切ります。

きゅうりは小口切りにして

塩でもんで水気を絞ります。

 

②長芋は皮をむいて粗めに刻みます。

ワカメは水で戻して水気を絞り

ざく切りにします。

 

③ボウルに【A】の材料を入れて

よく混ぜ合わせます。

卵黄と梅肉を混ぜることで

酸味をまろやかにできます。

 

④③に①と②を加えて和えます。

 

⑤別のボウルにご飯を入れて

混ぜ合わせた【B】を加えて

しゃもじで切るように混ぜて

酢飯を作ります。

いりゴマも加えて混ぜ込みます。

 

スポンサーリンク

⑥器に酢飯を盛って④を乗せて

カイワレ大根を散らせば完成です。

 

まとめ

梅肉だけだと酸味が強いですが

卵黄と合わせることで

まろやかに美味しく食べることができます。

ぜひ作ってみたいと思います。

 

笠原将弘の 30分で和定食 (旬の料理はこの人から。)

笠原将弘の 30分で和定食 (旬の料理はこの人から。)

 

 

スポンサーリンク