手延べ素麺揖保乃糸 上級 1kg

7月7日のバイキングでは

人気料理研究家のみきママが

七夕そうめんとかき揚げの

作り方を教えてくれました。

かきあげをサクサクに仕上げるポイントなど

たくさんあったので

備忘録として紹介します。

 

みきママの七夕そうめん&かき揚げのレシピ

そうめんをゆでる時に

サラダ油を加えると

吹きこぼれないなどのポイントがありました。

 

材料(2人分)

スポンサーリンク

素麺・・2~4束(180~200g)

にんじん・・1/2本(90g)

玉ねぎ・・1/2個(100g)

小エビ・・大さじ3(6g)

サラダ油・・大さじ4

うずらの卵・・2個、2㎝を1個

プチトマト・・6個

のり・・適量

オクラ・・10本

とろろこんぶ・・2g

薄力粉・・70g

焼酎・・大さじ2

水・・大さじ3

 

【A】

麺つゆ(3倍濃縮のもの)・・80cc

水・・150cc

氷・・6個(60g)

 

【B】

さば水煮缶・・1/2缶(95g)

きゅうり・・1/2本(50g)

みょうが・・1個(20g)

白ごま・・大さじ1/2

レトルト味噌汁(具、味噌入り)・・2食分

お湯・・大さじ5

みりん・・大さじ2

氷・・6個(60g)

 

作り方

①野菜を切ります。

にんじんは3mmの輪切りにして

1枚ずつ星型にくり抜きます。

オクラはヘタの先を少し切り落とし

がくの硬い部分を包丁でくるりとむきます。

星型で抜いた残りのまわりのにんじんは

2㎜幅に千切りにします。

玉ねぎは芯をとって

2㎜幅に薄切りにします。

きゅうりは1㎜幅の輪切りにします。

みょうがは1㎜幅の小口切りにします。

プチトマトはへたを取って

1個は切らずにとっておき

残りの5個は横半分に切ります。

 

②26㎝の平らな耐熱皿に

星型に抜いたにんじん、オクラをのせて

水(大さじ1:分量外)を入れ

ラップをして600wの電子レンジで2分加熱します。

オクラは水につけて粗熱をとって

5㎜幅の小口切りにします。

 

③2種類の麺つゆを作ります。

小口切りにしたオクラは飾り用に

3本分くらいとっておいて

ボウルに残りを入れます。

同じボウルに【A】、とろろこんぶを

ちぎりながら入れ混ぜ

ねばねばダレを作ります。

別のボウルに【B】のレトルト味噌汁の具と

味噌とみりんを入れてお湯で溶かし

さば水煮缶を汁ごと入れて

身をスプーンでつぶしながらほぐし

そのほかの材料を入れて冷汁ダレにします。

それぞれを器に入れて食べる時に氷を入れます。

 

④素麺を茹でます。

20㎝くらいの深鍋にお湯を六分目まで入れて

サラダ油(大さじ1)を入れて沸かします。

素麺をそれぞれ一束ずつ端から

5mmほどの長さのところに

15㎝の長さに切ったタコ糸でばらけないように

しっかりと縛ります。

お湯が沸騰したら素麺を入れて

中心部は火が通りにくいので時々

やさしくかき混ぜながら

1分30秒ほど加熱してザルに上げて流水で冷やして

氷水で1分ほど冷やしたら

手で軽くしぼりながら水気を切ります。

タコ糸で縛った部分を3.5㎝ほど包丁で切ります。

残りは七夕の川をイメージして

氷を盛ったお皿に流れるように

S字の形になるように盛り付けます。

 

スポンサーリンク

⑤天ぷらを揚げます。

ボウルに④で余ったタコ糸で

縛っている部分の素麺のタコ糸をはずして

それぞれ6等分に割いて入れ、①のにんじん

玉ねぎ、小エビを入れ

薄力粉を入れて全体にまぶし

水、焼酎を加えてさっくりとかき混ぜます。

フライパンに4等分にした生地を

8㎝の平らな円形になるように4つに広げて

残りのサラダ油をまわし入れて

強火で熱し油が温まったら

弱めの中火にして2分焼き

焼き色がついたら

ひっくり返してさらに2分焼き

最後に強火にして

両面1分ほどカリッとするまで揚げ焼きにします。

キッチンペーパーにとって

油を切り、器に盛り、塩をつけて食べます。

 

⑥そうめんを盛り付けます。④のお皿に

くり抜いたにんじんやオクラ

プチトマトをのせます。

うずらの卵、、プチトマト、海苔で

織姫と彦星を作って飾り

つゆと天ぷらを添えて完成です。

 

まとめ

焼酎を生地に加えることで

サクサクのかき揚げになります。

これはぜひ試してみたいですね。

もちろんアルコールは飛んじゃうので

子供でも安心ですよ。

 

みきママのめちゃうま!おうちごはん

みきママのめちゃうま!おうちごはん

 

 

スポンサーリンク