広島県尾道市瀬戸田町産 / 防腐剤・防かび剤不使用 / ご家庭用 わけあり(規格外品)/ レモン 3kg

7月14日のヒルナンデスでは

夏に食べたくなる冷やし中華のアレンジとして

虻ちゃんの旦那さんの

桝谷周一郎シェフが

柑橘フレーバーのしょうゆダレの

作り方を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

柑橘フレーバーのしょうゆダレの冷やし中華のレシピ

付属のしょうゆダレに

輪切りのレモンとオレンジを

加えて風味をつけてあげることで

ポン酢とは違った酸味と甘みが味わえます。

 

材料(2人分)

スポンサーリンク

しょうゆダレ・・2袋

スライスレモン・・4枚

スライスオレンジ・・4枚

卵・・1個

粉チーズ・・大さじ1

ハム・・8枚

トマト・・1個

 

作り方

①錦糸卵を作ります。

卵をボウルに割り入れて

粉チーズを加えてよく混ぜます。

 

②フライパンにオリーブオイルを

薄くひいて中火で熱し

卵を流しいれます。

 

③フライパンで円を描くようにして

フライパン全体になじませて

薄焼き卵を作ります。

 

④まな板に乗せて薄焼き卵をくるくる巻き

それを切ることで細い錦糸卵を作ります。

 

⑤ハム、トマトも同様に細切りにします。

 

⑥付属のしょうゆダレに

スライスしたレモンとオレンジを

約10分漬けこんでフレーバーをつけます。

 

スポンサーリンク

⑦中華そばを茹でて冷水で絞めます。

これを器に盛りつけます。

 

⑧⑥の柑橘フレーバーのしょうゆダレをかけて

錦糸卵、ハム、トマトを盛りつけて

黒コショウを振りかければ完成です。

 

まとめ

普通のしょうゆダレに

レモンとオレンジを加えるだけで

全く味が変わるようなので

これは試してみたいですね。

また、錦糸卵を作るのに

粉チーズを加えるのもやってみたいと思います。

 

saita mook 夏麺本

saita mook 夏麺本

 

 

スポンサーリンク