川口水産 特大国産 うなぎ の蒲焼き(170g)3尾セット(タレ、山椒付き)

8月8日放送のバイキングでは人気料理研究家のみきママ

がうな丼の作り方を教えてくれました。

みきママのちくわでかさ増しするうな丼レシピと

お吸い物を備忘録として書きます。

 

 

作業時間25分で1人前415円のうな丼レシピ。

すし酢の代わりに梅酒を使うのもみきママpointです。

 

タレは最初にカラメルソースを作ることで

香ばしい香りと弱い苦味が加わり、老舗のうなぎ屋さんのような

コクのあるタレに変身します。

 

うな丼のレシピ

 

材料(2人分)

スポンサーリンク

うなぎ・・1/2尾(130g)

ちくわ・・5本(125g)

熱いご飯・・どんぶり2杯分

梅酒・・120㏄

白ごま・・大さじ2

昆布だしの素・・小さじ1

みょうが・・3本

酒・・大さじ2

山椒・・お好み

 

【A】

砂糖・・大さじ2

水・・大さじ3

 

【B】

みりん・・大さじ2

醤油・・大さじ1と1/2

片栗粉・・小さじ1/2

 

作り方

①まず、すし酢を作ります。

みきママ流すし酢は「梅酒&みょうが&昆布だしの素」

 

耐熱容器に梅酒を入れてラップをせずに600wの電子レンジで4分加熱

アルコールや水分をとばすように煮詰めます。

 

みょうがを千切りにして加熱した梅酒に加え

さらに30秒加熱したら昆布だしの素を加えます。

 

②寿司桶orボウルに温かいご飯を入れます。

①のすし酢と白ごまを加えてよく混ぜあわせる。

丼ぶりに2等分に分けていれます。

 

③下準備をします

ちくわは、4と1/2本を、縦に切り落とさないように三等分になる所を

深く切り込みを入れてしっかりと開きます。

開いたものを横に4等分に切り、18個分作る。

残りの1/2本は輪切りに4つに切り、そのうちの2つに切り込みを入れて

切り込みを入れていないものにはさんでリング状にします。

うなぎは横半分に切り、それぞれを4等分にして計8個にする。

 

④耐熱皿にちくわとうなぎを入れたら

酒をふりかけてふんわりとラップをします。

600wの電子レンジで温まるまで2~3分加熱します。

※レンジで酒をふりかけて加熱するとアルコール成分で保水力が高まり

ちくわとうなぎがふっくらとやわらかくジューシーに仕上がります。

スポンサーリンク

 

⑤カラメルソースの蒲焼タレを作ります。

フライパンに(A)を入れて強火で3分ほど火にかける。

時々フライパンをまわしながら全体に均一にきつね色になったら

一旦火を止めます。

よく混ぜた(B)の合わせ調味料を少しずつ加えます。

※タレに片栗粉を入れることですぐにタレがちくわとうなぎによくからむ

お店で時間をかけて焼きながらタレをからめたような美味しさに変身

 

弱めの中火にして、木べらで混ぜながらとろみがつくまで30秒ほど加熱。

レンジから出した④のうなぎ、ちくわを入れてタレをさっとからめます。

 

丼ぶりにうなぎとちくわを盛り付けて最後にお好みで山椒をかけていただきます。

 

お吸い物のレシピ

 

材料(2人分)

冷水・・300cc

白だし・・大さじ3

とろろ昆布・・2g

青ネギ・・適量 

 

作り方

 

①お椀に白だし、とろろ昆布、青ネギを半量ずつ入れます。

冷水を半量ずつ入れて混ぜれば完成です。

 

②ちくわ

 

まとめ

ちくわでかさ増しできるんですね。

節約にもなってうれしいのでやってみよう。

坂上忍さんも美味しいと言っていました。

すし酢の代わりに梅酒を使ったりとアイデア沢山

のみきママレシピですが、明日はゴーヤを使った料理

1人前168円の「ゴーヤチャンプルー&サラダ」

を披露するそうなのでまた更新します。

スポンサーリンク