9月15日の得する人損する人では

得損ヒーローズの神の舌を持つ

サイゲン大介ことうしろシティの阿諏訪さんが

高級親子丼を再現してくれました。

スポーツドリンクと鶏がらスープの素に漬け込み

意外と難しい親子丼のコツも教えてくれましたので

備忘録として紹介します。

目次

サイゲン大介の親子丼のレシピ

スーパーで買える安い鶏肉と

安い卵で地鶏の様な高級の親子丼に仕上げてくれました。

なんと材料費170円で作れてしまいます。

材料

スポンサーリンク

鶏もも肉・・100g

卵・・2個

酒・・大さじ1

みりん・・大さじ2

しょうゆ・・大さじ1

水・・15ml

スポーツドリンク・・15ml

顆粒鶏ガラのだし・・2つまみ

オイスターソース・・2滴

作り方

①鶏もも肉を小さめのひと口大に切ります。

これでフォークで刺さなくても

味が染み込みます。

②お肉のジューシー感を出すために

鶏肉をスポーツドリンクと水を

1:1で混ぜた物に漬けます。

③さらに鶏ガラのダシをふたつまみ加えます。

④15分ほど漬けこんで下味の準備は完了です。

⑤割り下を作ります。

しょうゆ、みりん、酒をフライパンに加え

軽く水気を切った鶏肉を加えます。

⑥火が通るまで2分ほど煮込みます。

⑦卵をボウルに割り入れて

まずは白身だけを箸でつまんで切ります。

黄身は5回位だけ軽く混ぜます。

⑧まずは白身だけを入れて

蓋をして弱火で1分半加熱します。

⑨黄身にオイスターソースを2滴加えます。

スポンサーリンク

⑩⑨の黄身を⑧に入れて

蓋をして20秒加熱すれば完成です。

ポイント

スポーツドリンクに漬け込むことで

砂糖の効果で鶏肉に水分が取り込まれ

塩で表面を固めるのでその

ジューシーさが逃げにくくなります。

鶏がらスープの素を加えることで

旨みがさらに乗った味になります。

卵は良くかき混ぜずに

軽く混ぜるだけにして

白身を先に投入してあげます。

黄身は火が通りやすいので

白身を先に入れることでちょうどいい

半熟になるのです。

さらに黄身にオイスターソースを加えることで

グンとコクが増して濃厚になります。

まとめ

やっぱり神の舌のサイゲン大介

すごいですね。

ぜひ作ってみたいので

明日は親子丼に決定です。

スポンサーリンク