モンドセレクション・金賞受賞 篠崎 国菊甘酒 あまざけノンアルコール 900ml×6本(福岡県)

12月5日のあさイチでは

飲む点滴!驚きの甘酒パワーとして甘酒が特集されます。

実は甘酒をよく作って頻繁に飲んでいるので

備忘録として紹介します。

 

 

米麹(糀)で甘酒

甘酒には2つの種類があり麹を使った甘酒と

酒粕と砂糖で作ったものがあり

同じ甘酒でも実は全然違います。

 

麹だけで作ったものの方が

酒粕特有の臭みがなくて

しょうがを入れなくても美味しく飲めます。

スポンサーリンク

麹で甘酒を作るときのコツは

50~60℃の温度を保ち続けることです。

どうして麹で甘酒になるのかというと

コウジカビが出す糖化酵素がポイントなのです。

 

コウジカビが生きたまま甘くしているのではなくて

コウジカビから溶け出した糖化酵素によって

お米のでんぷんが糖に変えられることで

甘酒は甘くなっていくのです。

 

その最適な温度が55℃近辺!

一番気をつけなければいけないことは

70℃を超えると糖化酵素が壊れてしまい

二度と働いてくれることはありません。

 

これにさえ気をつければ作ることは簡単です。

 

簡単な甘酒の作り方

スポンサーリンク

材料は米麹と水だけです。

米麹はネットでも買えますので

そちらで購入するのがおすすめです。

 

 

 

自分で麹を作るとなると

以前やっていたの鉄腕DASHの城嶋リーダーのように

48時間ほどつきっきりで世話をしなければならないので(笑)

 

あさイチのレシピ

あさイチで紹介されたもち米を使う方法は

こちらに紹介しています。

【あさイチ】甘酒のレシピ!甘酒手毬すし・鶏団子鍋の作り方!もち米と炊飯器!【12月5日】 | ちむ!ちむちむ!ブログ!
12月5日のNHKのあさイチでは 甘酒が特集されて 麹ともち米と炊飯器で作る甘酒と 甘酒を使った手毬寿司や鶏団子鍋の 作り方を教えてくれましたので 備忘録として紹介しま...

若干めんどくさいので下記の作り方のほうが楽ですよ。

 

ちなみに八海山の甘酒も売っています。

 

おすすめの配合

麹と水を重さで1:2の割合にするのが

ちょうど美味しい配合になります。

濃すぎたら最後に水で調整すればいいです。

ちなみに使う前の水は煮沸消毒をしておくと

安心なので我が家ではそうしています。

 

炊飯器で作る方法

以前月曜から夜ふかしでも紹介された

炊飯器を開けっ放しにして作る方法です。

 

スポンサーリンク

①米麹と60℃くらいにしたお湯を

炊飯器に入れて保温にします。

注意点は蓋をせずに濡れタオルを

軽く被せておく程度にしておくことです。

 

②4時間程度で甘酒になっています。

おすすめはそのまま保温機能を切って

炊飯器の蓋をして一晩おくと

ちょっと乳酸菌の酸が出て

より美味しい甘酒が完成します。

 

湯煎で作る方法

我が家ではこの方法でも作ります。

①お鍋を2重にして

外側のお鍋には60℃位のお湯を張ります。

内側のお鍋には米麹と60℃位のお湯を入れて

蓋をして30分毎に60℃近辺まで温度を上げてあげます。

 

②4時間程度温度を保ったら

火を消して一晩放置します。

 

魔法瓶で作る方法

米麹とお湯を入れて60℃にしたら

魔法瓶に入れて4時間放置するだけ。

 

他のさまざまな作り方がありますが

基本的には50~60℃をキープして

70℃を超えないようにするというのさえ守れば

甘酒は完成します。

スポンサーリンク

甘酒の何がいいの?

これだけ甘酒の作り方を紹介しましたが

いったい甘酒の何がいいのかというと

飲む点滴と呼ばれる位に

栄養が満点なのです。

 

冬に飲む機会が多いので

冬の飲み物だと思いがちですが

昔は夏バテ防止に飲まれており

栄養ドリンク的存在だったのです。

 

麹のアミノ酸も豊富で

美容にもいいですし

現代でもその甘酒の効果は

かなり注目するべきだと思います。

 

また、料理の下味に使うと

塩麹が流行りましたが

そんな感じで料理がとても美味しくなります。

おすすめは鶏肉を甘酒に漬けこむことです。

ジューシーで旨みもすごいですよ。

 

酒粕の甘酒の作り方

もちろん酒粕の甘酒もそちらはそちらで

酒粕のうま味があっておいしいです。

 

作るのも短時間で作れるので

サクッと作れるのがポイントです。

スポンサーリンク

材料(2人分)

酒粕・・100g

水・・400㏄

砂糖・・大さじ4

塩・・ひとつまみ

生姜・・お好みで

 

大吟醸の粕を使うと

また風味が変わって美味しいですよ。

 

作り方

①沸騰したお湯に酒粕をちぎっていれて

火を止めてふやかします。

10分程度でだいぶ柔らかくなります。

 

②火を点けて酒粕をしっかりまぜて溶かします。

 

③砂糖と塩を入れて完成です。

お好みで生姜を入れて飲んでください。

 

 

番組で紹介された甘酒の効果は

こちらをご覧ください。

 

まとめ

甘酒の作り方とその効果を

少しですがまとめてみました。

ちなみに保存方法は作ったら

冷蔵庫で保存して早めに飲む方がいいです。

 

どうしても日持ちさせたいならば

90℃位まで加熱して

保存用の瓶などに入れて

水で急速冷却すると結構日持ちします。

急速冷却しないと甘酒が

褐色になって美味しそうじゃなくなるので

注意が必要ですよ。

ぜひ、ご家庭でも試してください。

 

 

秋田県産米使用の生米こうじ1キロ

秋田県産米使用の生米こうじ1キロ

 

 

スポンサーリンク