超厚切りサーロインステーキ 極厚ステーキ1枚330g【販売元:The Meat Guy(ザ・ミートガイ)】

2月26日の男子ごはんでは鉄鍋シリーズ!として

人気料理研究家の栗原心平さんと

TOKIOの国分太一さんが

スキレットを使った絶品ステーキと

玉ねぎとりんごのすりおろしソース

の作り方を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

 

玉ねぎとりんごのすりおろしソースのステーキ レシピ

スキレットがなくても3つのポイントを押さえれば

フライパンで出来るそうです。

 

ポイント①お肉は室温に戻しておく

美味しいレアに仕上がる

 

ポイント②牛肉に下味をつけて10分ほど置いておく

味がしっかりと浸透し、美味しく仕上がる

 

ポイント③鉄鍋を十分に温め牛肉の片面に焼き目が付く

中火で4分焼くことで肉汁を閉じ込めることができる

 

材料(2人分)

スポンサーリンク

 

牛ステーキ肉(3㎝厚さ)2枚 400g

塩 小さじ2

黒コショウ 適量

にんにく 2片

オリーブ油 大さじ1/2

バター 10g

 

[A]

赤ワイン 100㏄

しょうゆ 65㏄

みりん 30㏄

 

[ガーリックバター]

バター(常温に戻したもの) 30g

おろしにんにく 1/4片分

パセリ(みじん切り) 小さじ2

 

[トッピング]

赤パプリカ 1/4個

黄パプリカ 1/4個

インゲン(塩ゆでしたもの)5~6個本

 

[ソース]

玉ねぎ 1/2個(140g)

りんご 1/4個(100g)

にんにく 1/2片

 

作り方

①牛肉は常温に戻しておく。

塩、黒コショウを振って10分おきます。

 

②ガーリックバターを作ります。

バター、おろしにんにく、パセリを合わせてよく混ぜます。

ラップで包んで円柱状にまとめて冷蔵庫で冷やし固めます。

スポンサーリンク

 

③インゲンは長さを半分に切ります。

赤パプリカと黄パプリカは縦半分に切ります。

にんにくは半分に切ります。

 

④ソースを作ります。

玉ねぎ、にんにくはすりおろします。

りんごは皮と種を取り除いてすりおろします。

小鍋にバターを溶かし、りんご、玉ねぎ、にんにくを加えて炒めます。

透き通ってきたら[A]を加えて中火で3~5分煮詰めます。

 

⑤スキレットをよく熱してオリーブ油を引き、にんにくを入れ炒めます。

香りが出て来たら牛肉を入れて中火で4分焼きます。

肉から水分が出て来たら強火にします。

途中にんにくに焼き色がついたら肉の上に乗せて焼きます。

返して2分焼きます。

空いているところに赤パプリカ、黄パプリカ、インゲンを加えてさらに2分焼きます。

(牛肉は厚さによって多少差が出るので様子を見ながらお好みの焼き加減に仕上げる)

 

⑥④のソースをアルミカップにいれて添えます。

食べる直前に肉の上にガーリックバターをのせていただきます。

 

まとめ

ガッツリとステーキ美味しそうですね。

ぜひやってみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク