実験医学増刊 Vol.34 No.2 「解明」から「制御」へ 肥満症のメディカルサイエンス

8月29日のガッテンでは

ポッコリお腹や血圧や血糖値が改善する

3%ダイエットを教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

3%ダイエットとは?

3%ダイエットとは現時点の3%の体重を減らすことで

ぽっこりお腹の解消や血圧、脂質の値が改善するというものです。

 

今までは肥満症による生活習慣病を防ぐために

BMI値を25以下を目標にされていましたが

肥満症診療ガイドライン2016では

BMI値だけではなく現体重から3~5%減らすことで

  • 空腹時血糖値
  • HbA1c
  • 収縮期血圧
  • 拡張期血圧
  • 血清トリグリセライド値
  • 血清コレステロール値

これらの数値が改善するというものです。

 

体重の3%とは?

体重の3%とは体重70kgの人で2.1kgです。

80kgなら2.4kg、90kgなら2.7kgです。

これだけ落とすだけで血液検査の結果などが改善し

健康効果が見られます。

 

3%程度ならリバウンドも起こしにくいので

少し努力するだけでこの程度の体重なら落ちてくれます。

 

肝臓の脂肪から出る超悪玉ホルモン「ヘパトカイン」

メタボ状態の人は内臓脂肪のほかにも肝臓にも脂肪がついています。

この肝臓の脂肪からはヘパトカインという物質が放出されています。

ヘパトカインは超悪玉ホルモンで

全身の筋肉の糖や脂肪を取り込みにくい状態にしてます。

このため肝臓に脂肪がついていると太りやすくばてやすい状態になってしまいます。

スポンサーリンク

肝臓の脂肪はダイエットを行うと最初に落ちる脂肪なので

現在の体重から3%減らすことを目標にダイエットをすることで

肝臓の脂肪が落ちてメタボ改善につながります。

 

1日50gダイエット

1日50gを減量することを意識したダイエットほうです。

1日50gを減量するには、1日あたり300kcalを減らす必要があります。

ガッテンでは100Kcalカードを使い

1日3つのカードを選んで1日300kcalを減らすダイエットが紹介されました。

 

100Kcalカードのダウンロード

100キロカロリーカードはこちらにまとめました。

 

まとめ

少し頑張って体重を落としたいと思います。

 

スポンサーリンク