お風呂に浸かるだけダイエット (ぶんか社ムック)

10月30日の林先生が驚く初耳学では

運動直後に入浴することは

ダイエット効果が減少すると

かなり意外なことを教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

運動直後のお風呂がダメな理由

筋肉に含まれている

脂肪を分解するリパーゼという酵素がポイントです。

 

ダイエットに重要なのは

筋肉に多く含まれているリパーゼで

このリパーゼは温度がとても重要なのです。

スポンサーリンク

平常時の体温は37℃程度ですが

運動すると39℃まで温度が上がり

リパーゼが活性化して脂肪が燃焼します。

 

しかし、お風呂に入って筋肉の温度が40℃を越えると

リパーゼが上手く働かなくなり

ダイエット効果が減少してしまうのです。

 

運動後30分は脂肪燃焼効果が続く

運動し終わった後も30分間は

筋肉が温まっており

脂肪燃焼の効果が続きます。

 

そのためにこの時にお風呂に入って

筋肉の温度を上げすぎてしまうと

脂肪燃焼効果を無駄にしてしまっているのです。

 

ぬるま湯でも筋肉が温まりすぎるので

どうしても汗を流したい場合は

シャワーを活用してください。

スポンサーリンク

厚着で運動はよくない

代謝を良くしようと厚着で運動をする人がいますが

これも筋肉を温めすぎてしまうので

ダイエット効果が減少してしまいます。

 

汗をかいてきたら

上着を脱いだ方が脂肪燃焼効果は高まります。

 

まとめ

汗をかいたほうが痩せると思っていたので

かなり意外でしたね。

ちょっと気を付けてみたいと思います。

 

スポンサーリンク