炊飯ジャーでスイッチひとつの魔法のレシピ

11月3日のヒルナンデスの

大ヨコヤマクッキングのコーナーで

関ジャニ∞の横山君と寺田心君が

たいめいけん3代目の茂出木浩司シェフが

キノコを使ったケチャップライス炊き込みご飯の

作り方を教えてもらいました。

備忘録として紹介します。

 

 

キノコを使ったケチャップライスの炊き込みご飯のレシピ

具材は炊く前にお米と混ぜずに

後から足すことがポイントです。

 

材料(4人分)

スポンサーリンク

米・・2合

水・・420cc

ウインナー・・4本

しめじ・・適量

椎茸・・適量

エリンギ・・適量

マッシュルーム・・適量

えのき・・適量

バター・・10g

玉ねぎ・・1/2個

顆粒ブイヨン・・大さじ1

ケチャップ・・170g

塩・・適量

黒コショウ・・適量

 

作り方

①ウインナーは約5㎜幅に切ります。

玉ねぎはみじん切りにします。

 

②炊飯器に米、水、タマネギ、ウインナー

ケチャップ、顆粒ブイヨンを入れて早炊きします。

 

③しめじ、椎茸、えりんぎ、マッシュルーム、えのきを

手で裂いておきます。

これで表面積が上がって味が良く染みます。

スポンサーリンク

④ごはんが炊き上がったら

手で裂いたキノコ類を入れて10分程度蒸らします。

 

⑤最後によく混ぜ合わせたら完成です。

 

まとめ

以前、ソレダメでも茂出木シェフは

手で裂いたほうがキノコは美味しいと言っていたので

ぜひやってみたいと思います。

 

スポンサーリンク