1分間血流アップ体操で超健康になる!

2月11日のサタプラことサタデープラスでは

元気になる新常識

血流が変われば体も変わるとして

血流アップ大作戦を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

血流の役割

ニンゲンの中には10万キロメートルの血管があり

血液の流れにそって

酸素や栄養素を細胞に運んで

老廃物を除いてくれて

さらに体温も調整してくれるという働きがあります。

 

血流チェック「爪圧迫テスト」

爪の先には毛細血管が走っており

ピンク色をしていると思いますが

ここを押すことで血流が分かります。

 

①人差し指の爪をもう片方の手で5秒押さえます。

 

②離した時に2秒以内に色が戻ればOKです。

 

足指ダッシュ体操

血流を作るためには毛細血管が重要です。

体の99%の血管は毛細血管で

毛細血管は血液を組織に漏らす働きがあるのですが

血管が衰えると漏らしすぎて

毛細血管が消滅してしまいます。

 

毛細血管が消滅すると

シミやシワなどの老化の原因となります。

 

椅子に座って足踏みをすることで

毛細血管を作ることができます。

スポンサーリンク

やり方

①椅子に深く腰掛けます。

 

②転倒防止のために

ひじ掛けや座面をしっかりと持ちます。

 

③かかとをあげてつま先立ちの形になります。

 

④太ももを大きく上げるように意識して

その場でダッシュします。

 

⑤ダッシュする時間は10秒間です。

出来る限り早い速いスピードで行ってください。

 

ふくらはぎのポンプ機能が向上して

血流が改善します。

 

肩までつかって10分間入浴法

心臓病にも使われる和温療法というものがあり

普通は遠赤外線サウナで

15分全身を温めることで

血管がよみがえることが分かっています。

 

それを普段のお風呂でも

同じような効果を得ることができます。

 

やり方

①自分が気持ちいいと感じる温度(40~41℃)で

肩までつかって10分間入浴します。

 

たったこれだけで芯まで温まることができて

一酸化酸素が分泌されて

血管を柔らかくして拡張させてくれます。

 

ただし、高温のお風呂にはいると

血管が収縮してしまうので要注意です。

 

焼きみかん

みかんの皮や筋には

ぺスカリジンというポリフェノールが含まれており

血流がアップしてくれます。

 

作り方

①皮を良く洗います。

 

②コンロやトースターで皮に軽く焦げ目がつくまで焼けば完成です。

 

焼くことでぺスカリジンが減ってしまうそうですが

甘みが増して皮が柔らかくなって食べやすくなります。

 

まとめ

血流ちゃんと意識しないとだめですね。

毛細血管をちゃんと作って

拡張していきたいと思います。

 

スポンサーリンク